*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:江戸の絵画
そうしゅうかまくらしちりがはま
相州鎌倉七里浜図
江戸時代 寛政8年(1796) 司馬江漢(しばこうかん)筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

相州鎌倉七里浜図
 今は二曲屏風になっているが、本来は大画面の絵馬として、江戸・芝の愛宕神社に掲げられていた。宋紫石や平賀源内らに薫陶をうけて洋風画家として名声を確立しつつあった司馬江漢(1747〜1818)は、全国の社寺に12面の洋風画を奉納し掲示させたが、そのうち現存しているのは本図を含めて2点しかない。屋外に掲示されていたため、損傷や補筆が著しいが、躍動する海波、近景の浜辺から遥か遠くの富士山まで、ダイナミックに視点を誘うことで作り出される広大な空間と爽快な青空など、斬新な表現の数々は充分に看取することができる。款記は「西洋畫士 東都 江漢司馬峻 描寫 S:a.Kookan Ao:18. / 寛政丙辰夏六月二十四日」。
 上方に貼付されているのは、大田南畝と中井(董堂)敬義の賛で、この作品がは文化6年(1809)以前に愛宕神社からはずされたあと、書肆青山堂の所有に帰した旨を記している。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
神戸市立博物館特別展『西洋の青』図録 2007
神戸市立博物館特別展『司馬江漢百科事展』図録 1996
・塚原晃「社寺奉納洋風風景図における司馬江漢の制作意図」(『美術史』43(1) 1994)

    紙本油彩
    95.7×178.4
    2曲1隻
    池長孟コレクション
    重要文化財
☆司馬江漢の作品☆
異国風景人物図 異国工場図 三囲景
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:江戸の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved