*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:江戸の絵画
かなでほんちゅうしんぐらしちだんめぼうすいのだん
仮名手本忠臣蔵七段目謀酔之段
江戸時代 寛延2年(1749)頃 鳥居清忠筆(無款)
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

仮名手本忠臣蔵七段目謀酔之段(無題)
 「仮名手本忠臣蔵」の七段目が演じられている芝居小屋の内景。透視図法を強調した浮世絵である浮絵(うきえ)の様式で作画された上質の劇場図のひとつで、遊興する大星由良之助をはじめとする役者への関心より、むしろ透視図法の奥行き効果や、全く舞台に関心を示していない観客の無秩序な様子を諧謔味たっぷりに描くことを絵師はねらっている。障子に映った人影のシルエットの表現は、影絵を使った当時の演出を推定させる画証資料。
 本図は寛延2年(1749)5月の芝居を描いていると推定される。右前景にこの「絵画」の中から「出てこよう」とする観客が描かれ、平面を奥深い三次元空間として再現させる効果を強調している。日本の風俗画に西洋的空間が生まれ出た新鮮な息吹を伝える作例。鳥居清忠は、初期浮絵(うきえ)の中心的絵師である。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008

    紙本著色
    58.5×89.1
    1幅
    池長孟コレクション
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:江戸の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved