*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
ぼたんず
牡丹図
江戸時代 寛政5年(1793)賛 森蘭斎筆 簗田邦頤賛
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

牡丹図
 森蘭斎(もりらんさい)(1740〜1801)は、越後出身の絵師で、長崎で熊斐のもとで南蘋風の表現を学んだ。熊斐の没後に大坂・江戸に移り、南蘋や熊斐の画業を伝える『蘭斎画譜』を刊行するなど、南蘋派の絵師の中でも広範な人脈をもっていた人物としても注目される。本図は、蘭斎が江戸にいた晩年期の水墨画。やや奔放な皴法(しゅんぽう)・点苔(てんたい)で描かれた背景の岩とは対照的に、対の牡丹の葉や花びら、その上に舞う蝶は、彩色を一切施さず、精鋭な痩肥線と墨色の微妙な階調によって精緻な質感表現が施されている。款記は「北越蘭斎寫」 、白文方印「鳴寉之印」朱文方印「字九江」 を捺す。画面上方の七言絶句は、明石藩の儒者・梁田象水による。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・伊藤紫織 「森蘭斎について −支持者とのかかわりを中心に−」(『美術史』156号) 2002

    絹本墨画
    109.5×53.0
    1幅
    1978年度購入(神戸市立南蛮美術館)
   
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved