*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
ももにしかず・がんろうそうかくず
桃に鹿図・巌浪双鶴図
江戸時代 19世紀初期 広渡湖秀筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

桃に鹿図 巌浪双鶴図
 偶然にも「広渡」「巌斐湖秀」を名乗る人物が2人いたらしい。ひとりは天明4年(1784)に亡くなった長崎の御用絵師、もうひとり(1766〜1820)も長崎出身で京都をへて江戸に来た絵師だが、彼らの関係はよくわかっていないが、本図の筆者は、その作風から後者と考えられている。
 一見、典型的な南蘋風花鳥画のように見えるが、ずぶとい筆致で描かれた波浪や岩肌、そして動物たちのあまりにもとぼけた表情は、むしろ四条派風の柔らかでユーモラスな作風に通じるものがある。宋紫石以後の「唐画」の和様化ぶりを示す逸品である。款記は「巖斐」、 白文方印「広渡儀印」 白文方印「巖斐」 を捺す。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・原田博二「唐絵目利広渡家と二人の広渡湖秀」(長崎歴史文化博物館『長崎大万華鏡 近世日蘭交流の華』展図録 2005)
神戸市立博物館特別展『花と鳥たちのパラダイス』図録 1993

    紙本著色
    各111.2×47.0
    2幅
    1985年度購入
   
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved