*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
れんじゅそうこうず
聯珠争光図
江戸時代 明和2年(1765) 宋紫石筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

聯珠争光図
 宋紫石(そうしせき)(1715〜86)は江戸の人で、本名を楠本幸八郎という。長崎に遊学して熊斐に絵を学び、さらに、沈南蘋の弟子で、宝暦8年(1758)長崎に来た中国人画家・宋紫岩からも学んだ。宋紫石という名前は、この師の名にちなんだ画号である。二人の師匠から南蘋流の表現を学んで江戸に戻った紫石は、中国風の写実性と、瀟洒な筆致・構図を融合させた「唐画」で一世を風靡することになる。
 加えて、平賀源内を通じて洋学の世界にも接し、自身の画譜にヨンストン動物図譜を写した挿絵を描いたり、肉筆の作品でも洋風表現を指摘される作品がいくつかある。洋風の長崎派花鳥画とも言うべき秋田蘭画の成立や、若き司馬江漢を新しい絵画表現の世界に導いたのも、紫石の存在抜きでは考えられない。江戸のシノワズリーのみならず、洋風画のキーパーソンとしても重要な画家である。
 本図は静謐な初冬の雪景色を水墨の塗り残しで表し、裏彩色の技法で鮮やかに発色したナンテンの朱丹の色が鮮烈である。シロガシラがその実をひとつだけついばんだ瞬間を画面に焼き付けたかのような表現も印象に残る。款記は「聯珠争光/乙酉季冬宋紫石写」、朱文方印「霞亭」白文方印「紫石之印」を捺す。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『日本絵画のひみつ』図録 2011
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・千葉市美術館『江戸の異国趣味―南蘋風大流行』展図録 2001
   
    絹本著色
    112.8×43.5
    1幅
    1975年度購入(神戸市立南蛮美術館)
   
☆宋紫石による作品☆
寒梅綬帯鳥図
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved