*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
ぼたんじゅたいちょうず
牡丹綬帯鳥図
江戸時代 明和6年(1769) 鶴亭筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

牡丹綬帯鳥図
 筆者の鶴亭(かくてい)(1722〜85)は、長崎の黄檗宗寺院・聖福寺で嗣法した僧侶。僧としての名前は海眼浄光(または浄博)という。熊斐に絵を学び、画号を鶴亭と称した。20代でいったん還俗(げんぞく)して上方に移住し、南蘋風絵画を京坂の地に伝えた。実際に彼の作風は南蘋流の写実性ばかりでなく、本図のように、黄檗絵画特有の鮮烈な色彩と奇矯なフォルムをミックスさせた花鳥画を手がける一方で、「四君子・松・蘇鉄図屏風」のような、水墨による豪快大胆な花卉蔬果(かきそか)(たとえば竹梅蘭菊の四君子(しくんし)、蘇鉄、長芋・大根の類など)も得意とした。40代半ばにふたたび黄檗僧となって、宇治の萬福寺に入る。天明3年(1783)より各地を遊歴し、江戸の下谷池ノ端で64歳の生涯を終えた。本図の款記は「己丑春二月崎江 光寉亭漫作」、朱文方印「五字菴」白文方印「寉亭図書」を捺す。


参考文献:
神戸市立博物館企画展『若芝と鶴亭―黄檗宗の画家たち』図録 2011
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・千葉市美術館『江戸の異国趣味―南蘋風大流行』展図録 2001
神戸市立博物館特別展『花と鳥たちのパラダイス』図録 1993

    絹本著色
    105.2×43.5
    1幅
    池長孟コレクション
☆鶴亭による作品☆
四君子・松・蘇鉄図屏風
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved