*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
はなかごとちょうず・かちょうのおらんだふうけいず
花籠と蝶図・花鳥の阿蘭陀風景図
江戸時代 18世紀後期〜19世紀初期 若杉五十八筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

花籠と蝶図
花籠と蝶図

花鳥の阿蘭陀風景図
花鳥の阿蘭陀風景図
 若杉五十八(わかすぎいそはち)(1759〜1805)は、長崎奉行のもとで地役人(じやくにん)を勤める家系に生れ、貿易の事務にあたる会所請払役(かいしょうけはらいやく)となった。職業画家としての経歴が不詳であるにもかかわらず、ひとり突出して優れた油彩画を遺す。元は軸装であったが、蒐集した池長によって額に改装されている。サインの字体は初々しく、落款の一部が「je(絵)」「QUA(画)」と日本語の音を欧字で表記するにとどまっていることなどから、初期の作品と推定される。青色は輸入顔料のプルシアンブルー、緑もプルシアンブルーと黄色顔料による。五十八が、透明感のある明度の高い青い空を表現できたのは、まだ輸入量が少なく高価であった外国製の絵具を使用できる立場にあったからだろう。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
神戸市立博物館特別展『西洋の青』図録 2007

    紙本著色
    各134.6×57.5
    2面
    池長孟コレクション
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved