*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
ながさきこうず・ぶろんほふかぞくず
長崎港図・ブロンホフ家族図
江戸時代 19世紀前期 川原慶賀筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます (Google Art Project)。

長崎港図
長崎港図

ブロンホフ家族図
ブロンホフ家族図
 「シーボルトの絵師」として知られる川原慶賀(かわはらけいが)(1786〜?)は、通称を登與助、諱は種美。慶賀、聴月楼などと号す。ブロンホフ家族図には、欧文印「Toyoskij」と帽子形の印「慶賀」が捺される。衝立は、シーボルト事件に際して長崎奉行所が没収したという伝承がある。コック・ブロンホフは文化6年に荷倉役として来日。同10年のラッフルズによる出島奪取計画の後、英側との折衝にバタビアへ赴き、捕らえられ英国へ送られた。英蘭講和後、ドゥーフ後任の商館長に任命され、文化14年に再来日。歴代商館長のなかで特に日本人との接触・交流の多い人物でもあった。図中に「De Opregte van het Opperhoofd J:Cock Blomhoff, zijn Vrouw en Kid,die in Ao1818 al hier aangekonmenzijn」(1818年この地に到着した商館長ブロンホフとその妻子の図)とある。同好の作例が日蘭両国に遺されており、さらにこの図様をアレンジした作品や版画がさかんに作られた。裏面は金毘羅山(こんぴらさん)から鳥瞰(ちょうかん)した長崎港の図。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『日本絵画のひみつ』図録 2011
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
神戸市立博物館特別展『絵図と風景』図録 2000

    絹本著色
    69.0×85.5
    1基2図
    池長孟コレクション
☆関連資料☆
ブロンホフ家族図
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved