*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
どぅーふぞう
ドゥーフ像
江戸時代 享和3年(1803)銘 伝川原慶賀筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます (Google Art Project)。

ドゥーフ像
 ヘンドリック・ドゥーフ(1777〜1835)は、享和3年(1803)に荷倉役(にくらやく)から商館長となり、文化14年(1817)の離日まで14年間商館長を勤めた。当時の西洋人の肖像画にありがちな日本人臭を感じさせない本図は、ドゥーフの容貌をかなり正確に伝えていると思われる。諸色売込人(しょしきうりこみにん)川島家の旧蔵品。繊細な青貝細工を施した漆器製の額には「Hendrik Doeff Junior Opperhofd van ao1803 Tot Ao」と、商館長就任期間の最後をあけて銘が記される。制作動機は、商館長就任の記念、あるいは、文化6年に商館長居宅で催された日蘭友好200年記念パーティーと推察されるが、確定にはいたらない。池長蒐集当時より作者は川原慶賀に帰属されるが、落款がなく、制作時期と連動する問題でもあり、慎重に検討する余地があろう。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
   
    紙本著色
    35.0×23.0
    1面(箱入)
    池長孟コレクション
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved