*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
ぞうず
象図
江戸時代 文化10年(1813)頃 渡辺鶴洲筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

象図
 文化10年(1813)6月28日、長崎にセイロン産の牝象を載せた「阿蘭陀船」が到着した。江戸時代では、享保13年(1728)に中国船が持渡った2頭のベトナム産の象以来の上陸であった。しかし、この「阿蘭陀船」は、実はイギリス東インド総督ラッフルズが出島を奪い取るために差し向けたイギリス船であった。オランダ側は、商館長ドゥーフの努力によりこの危機をきりぬけ、出島を守りとおした。唐絵目利であった鶴洲は、出島に繋がれていた象のスケッチをもとに、いくつかの肉筆作品をのこしている。初めて見る象の形や質感を自然な筆致で捉えた本図は、彼の優れた描写力を証明する。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『日本絵画のひみつ』図録 2011
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008

    絹本著色
    42.2×56.5
    1幅
    池長孟コレクション
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved