*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
おうぼけんじゅず
王母献寿図
江戸時代 18世紀中期 熊斐筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

王母献寿図
 熊斐(ゆうひ)こと神代(くましろ)彦之進(のち甚左衛門、1712〜72)は長崎の唐通事(とうつうじ)(中国語通訳)。姓名を縮めて中国人風に熊斐と称した。彼は、享保16年(1731)から同18年にかけて長崎に滞在した中国人画家・沈南蘋から直接、絵画の指導を受けた唯一の日本人である。緻密な写実性を持った最新の中国絵画を学んだ彼には鶴亭や宋紫石をはじめ多くの画家が師事し、南蘋風花鳥画は日本中で新風を巻き起こすこととなった。
 本図に描かれているのは、巨大な三つの桃の果実。「王母献寿図」という書き込みから、中国西方の崑崙山(こんろんさん)に住む西王母(せいおうぼ)が後漢の武帝に献上した桃の実を表しているとわかる。この桃は三千年に一度だけ実がなると伝えられる、長寿のシンボル。大振りの枝、たわわと実る大きな桃のリズミカルな配置が斬新な中国風吉祥画の大作。「淇瞻熊斐謹写」の款記と、白文方印「熊斐印」、朱文方印「淇瞻氏」を捺す。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
神戸市立博物館特別展『花と鳥たちのパラダイス』図録 1993
   
    紙本著色
    133.5×63.1
    1幅
    2002年度購入
   
☆熊斐による作品☆
清泉白鶴図 一路功名図
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved