*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
ぐんせんせいさいず
群仙星祭図
江戸時代 寛文9年(1669) 河村若芝筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

群仙星祭図
 河村若芝(1638〜1707)は、肥前佐賀・竜造寺家の人。風狂子、散逸道人と号し、僧名を蘭渓道光という。故あって隠遁の後、長崎へ出て、逸然性融(1601〜68)に絵を学んだ。達磨や羅漢など道釈人物画を多く遺している。その作風は「風狂子」の画号のとおり、師の有していた奇狂な造形美を更に執拗なまでに増幅させたもので、長崎唐絵を代表する奇才であった。
 ひとつの円い塊のように集まる16人の仙人たち―彼らは、鶴に乗って飛来する寿老人を見上げて指さしたり、両手を合わせるなど興奮気味に迎えている。中国では「群仙供寿」、「群仙慶寿」と呼ばれる長寿を祝う伝統的な画題である。明朝体で「寛文九己酉季廣寒朔且 烟霞野僧若芝薫沐敬寫」と款し、若芝32歳。印は「若芝」、「普馨」、「琴棋書画●樂而不淫」と読める。
 なお、図様のよく似た「迎寿老人図」(個人蔵)は逸然の弟子・渡辺秀石(1639〜1707)の筆と伝承される。共通の粉本に基づく制作が想定され、興味深い。また、狩野探幽筆「学古帖」(個人蔵)のうち、第36図「問顔輝図式」にも同種の図様が認められる。本画帖の第1図には「宮内卿法印探幽行年六十九歳図之」と落款がある。ほぼ同時期(寛文10年(1670))に本画帖の各図が制作されたとすると、若芝の「群仙星祭図」とほぼ同年代となる。

参考文献:
神戸市立博物館企画展『若芝と鶴亭―黄檗宗の画家たち』図録 2011
・赤木美智「河村若芝の研究―文献と初期作品を中心に―」『フィロカリア』第22号 2005
神戸市立博物館特別展『隠元禅師と黄檗宗の絵画』図録 1991
   
    絹本著色
    116.0×60.2
    1幅
    池長孟コレクション
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved