*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
いじょうらかんず
倚杖羅漢図
題記:江戸時代 延宝4〜5年(1676〜77) 木庵書
画:中国・清時代 1676年以前 陳賢筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

倚杖羅漢図題記
   倚杖羅漢図題記  

倚杖羅漢図
倚杖羅漢図  
 陳賢(生没年不詳、17世紀中頃活躍)は、字を希三といい、初期の黄檗絵画を代表する中国人画家。彼自身が来日した形跡はないが、渡来する黄檗僧らに託して、道釈人物画を送り込んだ。そのアクの強い画風は、逸然を開祖とする長崎の「唐絵(からえ)」成立に大きな影響を与えた。
 本図は、延宝五年(1677)開創の長崎・聖福寺の什宝として整えられた観音・羅漢の五幅対のうちのひとつである。現在は、切り離されているが、当初は、隠元の弟子・木庵の賛文が画面上部に付属していた。木庵は、この羅漢に「椅杖咲接童子大阿羅漢」と題している。大胆な陰影を施した生々しい表情と、筆勢をきかせた粗豪な衣文の対照が独特の画面を作り上げている。線描、陰影法ともに高度な技術を深い精神性の内に駆使し、写実より写意を重んじた中国・道釈人物画史上における傑作が生み出されている。右下方に「陳賢之印」朱文方印がある。

参考文献:
・九州国立博物館『黄檗―OBAKU 京都宇治・萬福寺の名宝と禅の新風』図録 2011
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
神戸市立博物館特別展『隠元禅師と黄檗宗の絵画』図録 1991

    題記:紙本墨書 34.4×75.2 1幅
    画:紙本墨画淡彩 141.9×95.1 1幅
    1991年度購入
   
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved