*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:長崎派の絵画
いんげんいきしぞう
隠元倚騎獅像
江戸時代 17世紀中期 喜多宗雲筆 隠元隆K賛
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

隠元倚騎獅像
 隠元隆K(いんげんりゅうき)(1592〜1673)は、中国福建省出身の禅僧。逸然をはじめ、長崎に住む中国人僧俗の招請に応じ、63歳で来日。のち、諸大名や将軍家、後水尾天皇らの帰依を得て、寛文元年(1661)には、京都・宇治に黄檗山萬福寺を開創した。日本に黄檗禅を広めたばかりでなく、現代中国の最新諸文化を伝えた功績は大きい。
 黄檗画像と呼ばれる写実的な肖像画もそのひとつで、濃密な色彩や、迫真的な隈(くま)の使用に生の中国を感じさせる斬新さがある。画中に「長」白文方印を捺す黄檗画像作家・喜多長兵衛の伝記は不明だが、隠元の語録にも登場し、寛文三年(1663)に萬福寺で没した喜多道矩が長兵衛その人であったとする説が有力である。

参考文献:
・九州国立博物館『黄檗―OBAKU 京都宇治・萬福寺の名宝と禅の新風』図録 2011
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
神戸市立博物館特別展『隠元禅師と黄檗宗の絵画』図録 1991
   
    紙本著色
    121.9×45.2
    1幅
    池長孟コレクション
   
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:長崎派の絵画」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved