*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:南蛮美術
せいようにぶじんず・しふにどうじず
西洋二武人図・師父二童子図
江戸時代 17世紀前期 伝信方筆
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます。

西洋二武人図 師父二童子図
 両図とも「信方(?)」と読める落款とヨーロッパ紋章風の印章が対称的な位置にあることから、対に描かれた作品と考えられる。これと同様の印が捺(お)され、この画家の手によるとされる作品としては、「日教上人像」(兵庫県青蓮寺)、「達磨図」(埼玉県養竹院)、「婦女弾琴図」(大和文華館)などが挙げられる。この信方という画家については、文献中にも名前が見あたらずその経歴は明らかでない。ただ「日教上人像」などの仏教的主題を描いていることから、キリスト教徒として洋画を学びながら、後に棄教した人物であるとも考えられている。
 当館蔵の本図でも、他の初期洋風画と同様、16世紀ヨーロッパ美術の潮流であったマニエリスム様式の影響がみられ、類型化の進んだ柔和な顔立ちや、微妙なS字型にくねらせたポーズが優美な雰囲気を漂わせている。しかし本図も含めて信方筆とされる作品は、無地のうえに人物を描くという、極めて東洋的ともいえる手法をとっている。これは他の初期洋風画にはない特徴であり、この画家の素性や活躍期を考えるうえで重要な問題を含んでいる。

参考文献:
・サントリー美術館・神戸市立博物館『南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎』展図録 2011-12
・神戸市立博物館編『南蛮美術セレクション』 1998
   
    紙本著色
    114.4×53.6cm(左) 114.6×53.4cm(右)
    2面
    池長孟コレクション
   
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:南蛮美術」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved