*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:古地図
いのうしょうず にしにほん
伊能小図 西日本
江戸時代 文政4年(1821) 伊能忠敬
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

伊能小図 西日本
 寛政12年(1800)からはじめられた伊能忠敬(1745〜1818)の測量は、文化13年(1816)まで、足かけ17年に及んだが、その成果は大図214枚、中図8枚、小図3枚からなる「大日本沿海輿地全図」として文政4年(1821)7月に結実した。わが国の地図作成史における初の実測日本図である。しかし、この時幕府に上呈された図は明治6年(1873)の皇居火災によって焼失し、後に東京帝国大学に提出された伊能家の副本も大正12年(1923)の関東大震災で焼失したといわれている。現存する「伊能図」は、大名家の手元に遺されたものや模写図などである。本図は、彩色描写などの点においてその特徴を良く伝えており、現存する伊能小図のなかでも優品として知られている。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・渡辺一郎『図説 伊能忠敬の地図をよむ』 河出書房新社 2000
   
    紙本著色
    203.5×162.1
    1舗
    南波松太郎コレクション
   
☆伊能忠敬の関連資料☆
日本輿地図藁 日本国地理測量之図 大日本沿海実測録
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:古地図」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved