*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:古地図
にほんちずびょうぶ
日本地図屏風
安土桃山時代 1600年頃
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます。

日本地図屏風
 丸みを帯びた海岸線、山城から五畿七道諸国へ引かれた朱線の道筋など、「行基図」の特徴を有した日本図である。しかし、九州地方の西彼杵(にしそのぎ)半島などをはじめとする海岸線には改良が加えられている。また、「こたう(五島)」「こしき(甑)」などの島名や「有馬」「長サキ(崎)」の地名が記され、地図としては一定程度の進歩も認められる。さらに、各国名の脇には近世社会の特質でもある石高が記載されるとともに、些か誇張されてはいるが淀川などの河川も描いている。このような形態を有した日本図は、わが国ではこの時代特有のものであるが、西洋の古版地図ではC.ブランクス(Blancus)が作成した日本図“Iaponia”(1617年刊)をはじめ、数世紀にわたって使用されている。

参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
   
    紙本著色
    59.9×123.8
    2曲1隻
    南波松太郎コレクション
   
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:古地図」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved