*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:近代の神戸
せっしゅうこうべかいがんはんえいのず
摂州神戸海岸繁栄之図
明治4年(1871) 長谷川小信(このぶ)(二代貞信(さだのぶ))
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

摂州神戸海岸繁栄之図
 雑居地の海岸通から、東に続く居留地の海岸通を描く。中央の小さな突堤はメリケン波止場。港には和船や外国船が浮かぶ。西洋風の建物が建ち並ぶ居留地海岸通の奥にある「伝信機」と書かれた洋館は、明治3年(1870)に神戸−大阪間に創設された電信仮局。馬車・人力車・自転車などの新しい乗物、行き交う外国人や日本人、商談を交わす中国人と日本人が一堂に描かれ、開港場・神戸で新しい時代の息吹(いぶき)に接した絵師の感動が伝わってくるようだ。
 絵師の小信(このぶ)(1848−1941)は大阪の浮世絵師で、明治8年(1875)に二代貞信(さだのぶ)を襲名。小信時代を中心に、神戸や大阪の文明開化期の風景や風俗を題材にした開化絵を数多く描き、また、戦争絵や錦絵新聞、輸出茶の商標や引札、芝居番付など幅広いジャンルを手がけた。



参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
神戸市立博物館特別展『居留地返還100周年記念 神戸・横浜”開化物語”』図録 1999
   
    木版色摺
    各35.8×24.0
    3枚続
    池長孟コレクション
   
☆関連資料☆
バーガレー氏個人アルバム1より居留地海岸通写真 居留地海岸通
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:近代の神戸」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved