*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:近世の神戸
ひょうごつえず
兵庫津絵図
江戸時代 安政6年〜文久2年(1859〜62)頃
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます。

兵庫津絵図
 茶色の部分は町場、黄色の四角部分は寺社、町場から三方に伸びる赤線は街道筋を表す。画面中央の兵庫勤番所西側に安政6年(1859)に幕府が設置する箱館産物会所が描かれていることから、本図の作成はそれ以降とみられる。ほかに明和6年(1769)から慶応3年(1867)頃の間に作成された、同様の形式の絵図6点が知られている。これらの絵図の比較から、兵庫津では18世紀半ばから19世紀半ばまでの約1世紀の間に海岸部、なかでも湊川河口付近を中心に、市街地が急速に拡大していることが読み取れる。本図を含め、これらの絵図は近世後期の港湾都市兵庫津の発展過程を考える指標のひとつとして重要である。


参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・高久智広「近世兵庫津における絵図制作と都市空間」(『兵庫津の総合的研究』大手前大学史学研究所 2008)
神戸市立博物館特別展『よみがえる兵庫津』図録 2004
・高久智広「近世期兵庫津北浜における浜先地開発と屋敷割の変化について」(『神戸市立博物館研究紀要』第18号 2002)
   
    紙本淡彩
    73.5×103.5
    1枚
    2002年度購入
   
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:近世の神戸」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved