*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:古代の神戸
ひろがたどうか
広形銅戈 
弥生時代後期 2世紀
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます。

広形銅戈
広形銅戈 広形銅戈
広形銅戈
 朝鮮半島からもたらされた武器形青銅器は、当初それを忠実に製作していたが、やがて刃を失い長大化し、柄に装着するための茎(内)にも文様で装飾され、着装を想定しない非実用的なものとなり、祭器としての性格を色濃くしていく。本資料は銅戈の中で最も新しい型式で、刃部は長大で肥厚し、穂先も膨らみ、扁平な板状の形態をしている。樋(ひ)には綾杉文(あやすぎもん)を鋳出している。身の表面はわずかに研磨しているものの、刃は研ぎ出さず大部分は鋳放しのままの状態で、裏面には笵ズレをおこしている。また、柄に装着するための茎(内)は大半が欠損しているが文様を鋳出していたと思われ、実用とはほど遠い形態である。広形銅戈の鋳型は福岡県で4例ほど知られているが、銅戈自体の出土例は数例に過ぎない。本資料は「耳納連山開墾出土」と伝えられ、福岡県浮羽郡出土と推定される。


参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
    伝福岡県浮羽郡出土
    青銅
    全長41.4
    1口
    1989年度購入
   
☆関連資料☆
桜ヶ丘銅戈  中細形銅戈 
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:古代の神戸」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved