*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代神戸中世神戸近世神戸近代神戸神戸と近代美術
古地図南蛮美術東西交流長崎絵画江戸絵画江戸版画工芸
名品撰:古代の神戸
さくらがおか4ごうどうたく(かいがどうたく)
桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸) 
紀元前1〜1世紀
ic ↓写真をクリックすると拡大表示されます(Google Art Project)。

桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)A面
桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)A面
桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)B面
桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)B面
 わずかに胴張りする鐸身に、斜格子の縦帯と、斜格子文と連続する渦巻文の2段構成の横帯とを田字形に交差させて鐸身面に4つの区画(四区袈裟襷文(けさだすきもん))をつくり、裏表合わせて8画面に人物や動物、昆虫などの絵画を描き、鐸身の裾にも 子鹿を伴い列をなす鹿列を描いた絵画銅鐸である。
 A面とした左上にはクモと四足動物が、右上にはサカナをくわえるサギ、左下にはT字形具をもつ○頭の人物、右下には弓を持ちシカの頭を押える○頭の人物が鋳出されている。その裏面のB面左上にはトンボ、右上にはカマキリとクモ、左下にはイモリ、右下にはスッポンの図を鋳出している。
 これらの画題の描き方には5号銅鐸と共通するものがあり、スッポンやカエル、イモリなどは真上から見た姿を描き、シカやサギやカマキリ、サカナなどは側面の姿を描いている。人物では、○の頭と△の頭とを描き分け男女を表現したものと考えられている。
 絵のある銅鐸は、発見された約500個のうち、約1割程度である。4号銅鐸や5号銅鐸の様に袈裟襷文のすべての区画に絵画文があり、画題の特徴や鐸身の形態がよく似ている銅鐸が他に2例ある。江戸時代に香川県から出土したと伝えられている銅鐸(東京国立博物館所蔵)、江戸時代の画家、谷文晁が所蔵していた銅鐸(所在不明)である。これらの4例の銅鐸は、一人の工人あるいは、一つの工房内で作られた四連作の銅鐸と考えられている。


参考文献:
神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
   
   
    高42.2
    1口
   
   

☆この資料を角度をかえて見てみましょう。☆
桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)A面拡大 桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)A面下部拡大 桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)B面拡大 桜ヶ丘4号銅鐸(絵画銅鐸)B面下部拡大
☆関連資料☆
桜ヶ丘銅鐸銅戈群 桜ヶ丘1号銅鐸 桜ヶ丘5号銅鐸・銅戈群  桜ヶ丘銅戈群 
この資料・作品の展示について    写真画像の権利関係とご利用について

→「名品撰:古代の神戸」インデックスへ→
トップ利用案内常設展示特別展示▲名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved