*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
▼トップ当館について展覧会イベント開館休館場所交通Multilingual Guideよくある質問リンク
このサイトのもっともシンプルなURLは、http://www.city.kobe.lg.jp/museum/です。
当博物館の案内
※このサイトの表示設定 
Google
検索について
・6月5日までの休館・開館と次の特別展
・5月31日(日曜日)まで常設展示・ギャラリーをご覧いただけます。
・6月1日(月曜日)から5日(金曜日)まで休館いたします。

ボヘミアン・グラス展関連

記念講演会

7月4日・8月2日

イヴニング・レクチャー

 会期中の毎週土曜日午後5時より

ジュニアミュージアム講座

 6月27日・7月11日
※事前申込みが必要。
 ※以上の応募方法など、詳しくはこちらをご覧ください。
当博物館では、「学社融合」の理念のもと、学校と博物館をむすぶ様々な活動に取り組んでいます。ぜひ、学校教育の中で博物館の持つ機能を活用してください。

移動博物館車、活動中!

「おきしお夢はこぶ号」で、博物館がやってきます。くわしくはこちらをご覧ください。
平成28年3月までの休館日についてはこちらをご覧ください。
この博物館は三宮・元町間の南方、旧居留地内に位置しています。詳しくはこちらをご覧ください。
1995年に発生した阪神淡路大震災直後の博物館の状況を、写真つきで紹介。
5月16日〜7月12日
 ギャラリー 絵画コレクション展I

ボヘミアン・グラス
6月6日〜8月30日
プラハ国立美術工芸博物館所蔵
耀きの静と動 ボヘミアングラス展


6月6日〜7月12日
南波松太郎旧蔵コレクション 地図皿の華
7月14日〜9月13日
 ギャラリー 絵画コレクション展II
  ―特集 川西祐三郎―


7月18日〜8月30日
美術セレクション animal編
聖フランシスコ・ザヴィエル像公開とともに
国宝銅鐸や異人館内部復元、居留地模型、国内最大級の和ガラスコレクション「びいどろ史料庫」をご覧いただけます。
よくある質問博物館についてよくわからない?まずはこちらをご覧ください。

神戸市立博物館の理念・使命・評価
学芸員(日本史・歴史地理、考古学)採用案内
神戸市立博物館、教育委員会事務局文化財課等で従事する学芸員の採用試験を実施します。詳しくは下記を参照してください。
・日本史・歴史地理
・考古学
博物館をたのしむ 受講者募集
博物館所蔵資料をもちいた、少人数限定の講座を行います。詳しくはこちらをご覧ください。
聖ザヴィエル像などの南蛮美術や古地図資料の展示については、こちらをご覧ください。
博物館公式フェイスブック&ツイッター
 
神戸市立博物館の「いま」をスピーディにお伝えします。

最新のデジタル技術で撮影された神戸市立博物館所蔵品の数々を、世界中の名作とともに鑑賞できます。
新しくなった「名品撰」  国宝1件21点、重要文化財7件76点を含む、約7万点の館蔵品の中から厳選した約240件を、高精細画像で紹介いたします。

名品アトランダム

博物館所蔵資料の写真画像を、出版物の掲載などに利用したい場合は、
こちらをご覧ください
・休館日訂正のお詫び
「ボヘミアン・グラス展」「地図皿の華展」の休館日が誤って記載されていました。正しくは「毎週月曜日(ただし7月20日(月曜日・祝日)は開館)、7月21日(火曜日)」です。謹んでお詫びと訂正をさせていただきます。
チューリヒ美術館展特設ショップで販売していた壁掛けカレンダーに誤記がありました。お買い求めいただいたお客様はこちらで詳細をご確認いただきますよう、お願い申しあげます。
当館のホームページは、文字設定を「12pt」(SafariやFirefox)、「小」(Internet Explorer)に設定した時にもっとも美しいレイアウトで表示されます。
▲トップ利用案内常設展示特別展示名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035 
 メール
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 菅本宏明
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved