*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・資料保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次古代中世兵庫津鎖国▼開港文明開化びいどろみてコレ
常設展示 5.開港をめぐって (1階展示室2)
1.兵庫開港
2.貿易港への胎動
 1868年1月1日(慶応3年12月7日)の兵庫(神戸)開港を中心とする20〜30年間は、日本にとっても神戸にとっても激動の時代でした。開港までの経過と開港後の外国人居留地の様子などを、絵入りロンドンニュース、居留地の模型などで概観します。
居留地模型
明治初期から30年代の資料をもとに
復元された神戸旧居留地の復元模型(1/200)
居留地模型
旧居留地の復元模型は、明治期のもの(手前)と
昭和前期のもの(奥)の2種類が展示されています。
居留地下水管
明治初期に設置された下水管の一部。
旧居留地の地下ではこの種の下水管が今でも役立っています。
目次古代中世兵庫津鎖国▲開港文明開化びいどろみてコレ
トップ利用案内▲常設展示特別展示名品撰学校との連携学芸活動大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
      Kobe City Museum all right reserved