*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次概要所蔵品損傷展示設備収蔵設備普及設備研究事務設備通路等外観▼周辺

神戸市立博物館:
震災と博物館:

 旧居留地15番館⇒

 オリエンタルホテル 

 京町筋 

 浪花町筋 


 博物館は近代神戸発祥の地、旧外国人居留地のほぼ中心に位置している。博物館の東側にメインストリートの京町筋、西側には浪花町筋が走る。北隣にはオリエンタルホテル、浪花町筋を挟んだ向こう側に、旧居留地15番館がある。
 博物館は致命的な破壊を免れたが、その周辺の建築物の被害は甚大であった。興和ビル、オリエンタルホテルは全壊のため取り壊され、館の北方には広漠な空き地が現れることとなった。
 旧居留地15番館は、この地域で唯一残った明治期の洋風建築であり、その被害状況は、神戸の歴史的風景の崩壊を象徴するかのように、各種メディアで大きく取り上げられた。その修復工事では、地下に免震構造が導入された上に、当初の建材をできる限り活用して復元が図られた。工事の完成は98年の3月。

周辺地域の状況 旧居留地15番館 
   写真をクリックすると拡大表示されます。解説文末尾の6桁の数字は撮影日時。

震災前の15番館。93年春の撮影。
崩壊した15番館。上の写真とほぼ同じ場所から撮影。950119
950117
950117
博物館西側通用口から撮影。950124
博物館3階ベランダから撮影。950119
博物館3階ベランダから撮影。崩壊した建築資材は他の場所に保管され、復元工事に活用された。床組が露出している状態。950221
床組も撤去され、基礎部分が露出した状態。免震構造が導入される事になり、この基礎部が大きく掘り下げられてから、再建される事になる。9502頃

←←前のページへ  次のページへ→→

目次概要所蔵品損傷展示設備収蔵設備普及関係設備研究事務設備通路等外観▲周辺

トップ利用案内常設展示特別展示名品撰学校との連携学芸活動▲大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
Kobe City Museum all right reserved