*神戸市立博物館の最新情報など当館の休館日・料金・様々な設備などについて常設展示の説明です特別展示案内です当館所蔵の名品を紹介します学校関係者は必見です当館独自の展示・普及・保存活動について阪神大震災当時の当館の状況神戸市ホームページへ
目次概要所蔵品損傷展示設備収蔵設備普及設備研究事務設備通路等▼外観周辺

神戸市立博物館:
震災と博物館:




 博物館の建築は、1935年(昭和10)に竣工した旧横浜正金銀行神戸支店を改造したもの(東・南部分の旧館)と1982年(昭和57)竣工の新館(西部分)を隣接させ、通路部分を結合させて完成したものである。これらの建築は十分な強度をもって設計・補強されたので、それぞれについては致命的な損傷を生ぜずに済んだ。しかしこれらは僅かだがずれ動いたため、その連結部分に大きな損傷をもたらすこととなった。
 博物館周辺の石段・擁壁・歩道などは、相当な損壊をうけた。特に南側の歩道では擁壁がドライエリア側に大きく傾き、これを復旧するための大規模な掘削工事が行われることになった。

建物外観の状況 
   写真をクリックすると拡大表示されます。解説文末尾の6桁の数字は撮影日時。

北東角 博物館非常用出入り口の崩壊状況

左が博物館、右がオリエンタルホテル。その間には博物館のパイプスペースに通じる非常用扉と壁が設けられていたが、崩壊している。950117

東側正面玄関の被害状況

歩道部分が陥没して、階段最上段との玄関の間に25cm程度の空間ができた。950117

博物館東南角

この辺りの歩道の破損も激しい。博物館の標柱も大きく傾いている。950117

博物館南側の擁壁の状況

博物館の周辺で、南側の歩道は最も危険な状態となった場所。博物館のドライエリアを区切る擁壁が内側に傾いている。向こうにみえる瓦礫の山は旧居留地15番館。950117

博物館南西角

歩道に亀裂がはいり、敷石が浮いている。南から北を撮影。950117

南西から見た外観

博物館の外観には一見損傷は見当たらない。手前の部分が旧館、その奥の銅板屋根をいただく部分が新館にあたる。左隅の瓦礫は倒壊した15番館。950119

西側通用口南

大きく損傷しているあたりが新・旧館の境目にあたる。擁壁が一部損壊。博物館の建物に載せていた緑色の花壇(金属製)が落下。950117


←←前のページへ  次のページへ→→

目次概要所蔵品損傷展示設備収蔵設備普及関係設備研究事務設備通路等▲外観周辺

トップ利用案内常設展示特別展示名品撰学校との連携学芸活動▲大震災
 神戸市立博物館 〒650-0034 神戸市中央区京町24
 電話 078-391-0035
 メール:museum@office.city.kobe.lg.jp
博物館サイトの作成責任者:博物館学芸課長 小野田一幸
Copyright 2002〜  City of Kobe
Kobe City Museum all right reserved