神戸市-KOBE-


国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」

最終更新日
2013年11月22日

旧ハッサム住宅

1・2階 平面図1・2階 平面図

所在地

神戸市中央区中山手通5-3-1(相楽園内)

構造規模

木造2階建、寄棟造、桟瓦葺

1階

173.61平方メートル

2階

179.73平方メートル

地下室

5.42平方メートル

附属屋

29.18平方メートル

倉庫

9.64平方メートル

397.58平方メートル

建築年代

明治35年

所有者

神戸市

指定年月日

昭和36年6月7日

概要

 旧ハッサム住宅は、インド系イギリス人貿易商K.ハッサム氏が、明治35年に自邸として建てたものです。かつては中央区北野町2丁目の高台(現ラインの館北側)にありましたが、昭和36年に当時所有者であった神戸回教寺院により神戸市が寄贈を受け、昭和38年、現在の場所に移築保存されました。
 建物は木造2階建、寄棟造桟瓦葺で、屋根には化粧れんが積みの煙突をあげています。南側に設けられたベランダは、1階をアーケード式(アーチを連ねた形)、2階をコロネード式(列柱式)とし、2階ベランダ柱頭部にはアカンサスの葉をかたどった柱頭飾りが付いています。外壁の下見板張りオイルペイント塗り、ベイウインドウ(張り出し窓)、よろい戸とペジメント(切妻のこと)、蛇腹など明治時代に建てられた神戸の異人館の特徴をよく伝えています。

 内部は玄関を入って中央部に、階段を含む小ホールと廊下があって、左右に部屋がある中央廊下形式の間取りをとっています。1階は、応接室、居間、食堂など接客を兼ねた機能を持ち、2階は、寝室、化粧部屋、浴室などプライベートな生活の部屋が主になっています。
 設計者はイギリス人建築家Alex.N.ハンセルと推定されています。

 阪神淡路大震災では、主屋は壁の各所に剥落や亀裂を生じ、れんが積みの煙突は室内に落下し、屋根や天井、床が破損しました。復旧では、煙突の復原、1・2階の天井と床を補修・補足して組み直し、室内の壁、天井、外部のプラスター仕上げの壁を塗り直しました。
 配膳室に落下した煙突は、取り出し、震災の記憶を後世にとどめるため、前庭の隅に展示しています。

なお、前庭の2本のガス灯は、明治7年頃旧外国人居留地に建てられていたもので、わが国でも非常に早い時期の街灯用ガス灯です。

1階南西の食堂1階南西の食堂

1階南東の応接室1階南東の応接室

地震で折れた煙突地震で折れた煙突

1階配膳室1階配膳室

旧ハッサム住宅の内部公開

内部公開中の旧ハッサム住宅神戸市立相楽園で開催される、春の「つつじ遊山」の時期と秋の「菊花展」の時期にあわせて、2週間程度の内部公開を行う予定です。また、夏に開催される「にわのあかり」の時期には夜間特別公開も行う予定です。
(なお、見学には神戸市立相楽園の入園料が必要です。)