埋蔵文化財センターロゴ
ホーム > 埋蔵文化財センターについて

埋蔵文化財センターについて

埋蔵文化財センターとは

埋蔵文化財センター 埋蔵文化財センター

神戸市内には、市民の皆様に親しまれている五色塚古墳、大歳山遺跡をはじめ、吉田遺跡や元住吉 山遺跡のように学術上著名な遺跡も数多くあります。

昭和40年代以降の開発ラッシュで、発掘調査は増加の一途をたどり、新たに発見された遺跡も年々増加 しています。それにともない、必然的に出土遺物や記録類も増加し、長らく、出土遺物の整理・収蔵・展示を集中的に管理できる施設の建設が待たれていました。

埋蔵文化財センター敷地内の像 埋蔵文化財センター敷地内の像

当センターが建設された西神ニュータウンは、文字通り新しく造られた街です。住宅団地として建設されていく過程で、長年にわたって発掘調査が行われ、今日も数多くの遺跡が保存されています。そのような街の一角に建設された当センターは、ニュータウン内の遺跡をはじめ、市内各地の遺跡から出土した遺 物の調査・整理・収蔵を行う中枢機能をもっています。

また、当センターは、埋蔵文化財により一層のご理解をいただきますよう、収蔵部門だけでなく、展示スペースも大きくとり、施設の大部分を公開し、埋蔵文化財を通して、神戸の歴史を身近に感じていただけるよう工夫しております。

埋蔵文化財センターの仕事

埋蔵文化財センターでは、発掘調査で出土した遺物を皆様に広くご覧いただけるよう、 調査、整理、収蔵、保管、展示を一貫して行っております。

埋蔵文化財センターの施設概要

埋蔵文化財センター館内には、一般公開されている部屋と非公開の部屋があります。収蔵展示室や遺物整理室などは室内に入ることはできませんが、ガラス窓から室内がご覧いただけるようになっています。

館内マップ1階
1 エントランス
エントランスから入館します。
2 エントランスホール
エントランスホールではアケボノゾウの骨格標本をご覧いただけます。
3 受付
事前予約をなさった団体様は受付にお申し出ください。
4 常設展示室
常設展示では実際に神戸で発見された建物が数多く展示されています。
5 企画展示室
企画展示室では様々な企画展示が行われています。詳しくは年間スケジュールでご確認ください。
6 収蔵展示室
収蔵展示室は周囲がガラス張りになっており、室内に保管された数千点の遺物を部屋の外から見られるように工夫しています。
7 特別収蔵庫
特別収蔵庫には、湿度・温度管理が必要な木製品などが収蔵されており、ガラス窓を通してご覧いただけます。
8 階段・エレベーター
階段・エレベーターから(2階注釈)・3階へ上っていただけます。
注釈地下・2階の部屋は全て非公開の倉庫や一般収蔵庫となっておりますので、3階へお上がりください。
館内マップ3階
9 遺物整理室
遺物整理室では窓をガラス張りにし、職員が遺物を復元している様子をご覧いただけます。
10 記録整理室
記録整理室では窓をガラス張りにし、職員が遺物の記録をとっている様子をご覧いただけます。
11 研修室
研修会や講演会を行います。
*研修会や講演会が行われるときのみ、一般公開をしています。
Copyright © 2006−2013 Kobe Archeology Center