神戸市-KOBE-


砂子橋(いさごばし)

最終更新日
2006年8月15日

建設年代

明治33年(1900年)3月竣工

工事内容

三径間連続レンガアーチ橋
全長:19.2メートル(別途袖壁2.6メートルあり)、幅3.3メートル(道路幅2.7メートル)

特長

レンガ積の水管橋

砂子橋砂子橋

建設当初は、雌滝及び鼓ケ滝で取水した水を奥平野及び北野浄水場に導水するため、左岸に布設された8インチ及び24インチの導水管を右岸側に渡すことを目的とした水道橋でした。

その後、橋が神戸市道路管理者(建設局)に移管されて、現在では道路施設として位置付けられています。

昭和51年に、高欄は上部に手摺が設置されて60センチメートルほど嵩上げされており、その内側には市章マークも取付けられています。

昭和13年及び42年の大水害でも破損した形跡がなく、経年化による亀裂や剥離等がほとんど見られません。

中央の扁平アーチ部分の支保工(下の図面参照)に描かれている洗濯バサミのような調整台が使用されていました。また、石積みの上部仮設台にはレンガが積まれており、レンガ積みの繋ぎ材としてコンクリートが使用されたと思われます。

雌滝取水堰堤昔の写真完成当時の砂子橋

雌滝取水堰堤昔の写真架設風景

市保工部材支保工部材