神戸市-KOBE-


雌滝取水堰堤及び取水施設

最終更新日
2006年8月15日

建設年代

明治33年(1900年)3月竣工

工事内容

練石積堰堤

堤高:7.7メートル、堤長:19.3メートル、堤頂幅:1.2メートル

練石積取水施設

面積:51平方メートル(石積み階段含む)

円筒形石積塔屋に半球を載せた石積みの上屋

直径:3.3メートル

特徴

アーチ状石積堰堤及び円筒形石積取水井屋

雌滝取水堰堤及び取水施設雌滝取水堰堤及び取水施設

堰堤には3個の制水弁が設置されており、右側にある取水施設との間には24インチの取水管が設置されていました。

ここで取水された水は、現在でも取水施設から奥平野浄水場に導水されています。

下の写真は明治33年4月に撮影されたものとなっていますが、頂部が半球状の円筒形石積取水井屋が未完成です。

堰堤最下部にある穴は、工事中の排水路と推定されますが、現在では、3個の穴(内径18インチ)の少し下に堰堤内掃除用の排水管が設置されています。

堰堤下流側には、洪水時に堤防基礎の侵食を防ぐ目的で、保護堤(堤高:4.9メートル、堤長:7.8メートル、堤頂幅:1.8メートル)が設置されています。

雌滝取水堰堤昔の写真完成間近の雌滝取水堰堤