神戸市-KOBE-


谷川橋

最終更新日
2006年8月15日

建設年代

大正初期(大正5年以前)

施設概要

鉄筋コンクリートアーチ橋
橋長:6.1メートル、幅:2.0メートル(通路幅員:1.8メートル)

特長

2本のアーチ状鉄筋コンクリート桁の使用

谷川橋架設年度は特定できませんでしたが、大正5年の測量設計図にはコンクリート橋の表示があるため、布引導水管路工事(大正元年〜大正7年)の際に施工された可能性があります。

分水堰堤附属橋と異なり、2本のアーチ状鉄筋コンクリート構造の主桁と横桁の上に、モニエ式床版がある構造となっています。

主桁及び横桁の上下主筋に対する横方向拘束筋にトラス状の鉄筋が、床版の主筋にベント筋が採用されていることが特筆に価すると思われます。

谷川橋 図面