神戸市-KOBE-


国指定重要文化財 (建造物) 如意寺阿弥陀堂

最終更新日
2007年9月1日

所在

神戸市西区櫨谷町谷口259

所有

如意寺

建立

鎌倉初期

規模等

桁行3間、梁間3間、入母屋造と茅葺形銅板葺

指定

昭和27年7月19日指定

概要

もと常行三昧堂と呼ばれていた堂です。大きな面取りの柱や丈の高い斗(ます)などに古式を残している一方、繊細な折上小組格天井をつけ、身舎(もや)の4本の柱のうち、後ろ2本を後退させているなど、中世的な手法も認められます。また、中央間を特に広く取り、蔀戸を吊る外観は住宅風です。

如意寺の縁起

天台宗叡山派、山号は比金山です。寺の旧記によると大化元年(645)法道仙人の開基とされ、承和の末年に慈覚大師が入唐した時に得た文殊菩薩像を安置、後に仁寿元年(851)には文殊堂、阿弥陀堂を建立したとされます。その後荒廃したものを、正暦年間(990〜994)に願西上人が復興しました。隆盛時には24坊、境内は東西1744メートル、南北1308メートルの広大な寺域であったと伝えます。