神戸市-KOBE-


国指定重要文化財(建造物) 旧神戸居留地十五番館

最終更新日
2014年1月29日

旧神戸居留地十五番館

所在地

神戸市中央区浪花町15

所有者

(株)ノザワ

建立期

明治13年

構造

木骨煉瓦造2階建

設計者

設計・施工共不明

指定日

平成元年5月19日

概要

旧居留地内に唯一残る、居留地時代の商館です。南面にベランダを持つコロニアルスタイルの建物で、建設当時は1階を事務所、2階を居宅として使っていたと見られます。

平成6年秋に改修工事が完了、レストランとしてオープンしましたが、その直後に阪神淡路大震災で全壊しました。震災後、免震構造を採用して復元工事が行われ、現在はレストランとして利用されています。