神戸市-KOBE-


国宝(考古資料)

最終更新日
2014年8月12日

桜ヶ丘出土銅鐸 銅戈群

昭和39年に灘区桜ヶ丘町で発見された弥生時代中期の銅鐸・銅戈です。昭和44年(1969年)6月2日国重要文化財に指定、翌昭和45年(1970年)5月25日に国宝に指定されました。現在、神戸市が所有し、神戸市立博物館(中央区京町24番地)に所蔵されています。

袈裟襷文銅鐸

数量 2口

袈裟襷文銅鐸

数量 8口

流水文銅鐸

数量 3口
 

銅鐸

数量 1口

銅戈

数量 7口




[an error occurred while processing this directive]