神戸市-KOBE-


小規模特認校について

最終更新日
2016年6月7日

神戸市では、自然環境に恵まれ特色ある教育を推進している小規模な学校(小規模特認校)に通学することにより、心身の健康増進を図り、豊かな人間性を培うとともに、複式学級の解消など学校の活性化を図ることを目的とする「小規模特認校」制度を実施しています。
下記の就学の条件を満たす方は、希望により、校区外から通学することができます。

神戸市の小規模特認校

就学の条件

小規模特認校への就学を希望する場合は、次の条件を全て満たしていることが必要です。

就学の時期

毎年4月です。年度途中からの入学はできません。

受け入れ学年・人数

毎年度、学年ごとの児童・生徒数などを考慮して決定します。

平成29年度入学募集人数

平成29年度入学募集スケジュール

学校公開(事前に学校へ連絡が必要です)

学校説明会(事前に学校へ連絡が必要です)

学校長との面談(事前に学校へ予約が必要です)

申請書の受付

就学の申請手続き

小規模特認校への就学を希望する保護者は、期間内に学校へ申し込みを行い、学校長との面談及び申請書の提出を行ってください。
学校長は、面談及び申請書により就学の条件を満たしていることを確認した場合、小規模特認校への就学を認める副申をお住まいの区役所の区長あてに行います。
その後、お住まいの区役所・支所(市民課)から保護者あてに、小規模特認校への就学を認める「就学通知書」が発行されます。

公開抽選の実施

就学条件を満たす方が学年ごとの受け入れ人数を超えた場合には、公開による抽選を行います。

就学の取り消し

就学を認めた後に、申請と事実が異なり、または小規模特認校制度の趣旨・目的と異なる事由が生じるなど、就学に支障があると認められる場合は、小規模特認校への就学を取り消すことがあります。