神戸市-KOBE-


平成28年度 就学援助のご案内

最終更新日
2016年4月1日

神戸市では,神戸市立小学校・中学校に就学するお子様が学校で楽しく勉強できるよう,文房具や教材,給食などの費用にお困りの保護者に援助を行っています。
この就学援助の認定要件に該当し,援助を希望される方は,学校を通じてお申し込みください。 学校でパンフレット「神戸市就学援助の申請について」と申請書をお渡しします。

就学援助の申請がしやすくなりました。

○申請時の所得証明書の提出が、原則不要になりました。
 ・同居家族全員の前年度の所得情報資料を教育委員会が閲覧することに同意した方が対象です。
 ・教育委員会が税情報を取得できなかった場合など、添付書類の提出をお願いすることがあります。
○申請時の児童扶養手当証書の提出が、原則不要になりました。
 ・神戸市で児童扶養手当を受けている方が対象です。
 ・教育委員会が受給情報を取得できなかった(児童扶養手当の申請中や他の自治体で受けている)場合など、添付書類の提出をお願いすることがあります。

1.就学援助の対象となる方

下記の1)から4)のいずれかの理由に該当する方は就学援助の対象になります。

1) 生活保護を受けている。

2) 生活保護を受けていないが、児童扶養手当を受けている。(特別児童扶養手当は対象ではありません)

3) 上記の1).2)ではないが、世帯の前年の総所得が下表の所得基準以下である。

家族全員の総所得を合算します。
※税制上の扶養に入っている方は除きます。
※単身赴任等で別に居住している保護者や児童生徒と同居している方(祖父母等)は、原則として同一世帯の家族として取り扱います。)

基準額2人世帯  3人世帯 4人世帯5人世帯6人世帯7人世帯8人以上世帯
176万1千円223万4千円266万4千円304万8千円361万7千円412万3千円7人世帯の所得に1人増えるごとに45万5千円を加える
譲渡所得は,赤字の場合も含めて所得の算定の対象としません。

「総所得」について

給与所得者(サラリーマン、パート等)の方

「支払金額」(給与の支払総額)から,「給与所得控除額」を引いた後の金額です。
所得の証明書では,「総所得金額」「給与所得控除後の金額」などと書かれています。
(例)
平成28年度(平成27年分所得) 市民税・県民税(所得・課税)証明書
  ・・・「総所得金額」の欄
平成28年度 市民税・県民税 特別徴収税額の通知書(納税義務者用)
  ・・・「総所得金額1」の欄

事業所得者(自営業等)の方

収入の総額から必要経費を差し引いた金額です。
(例)
平成28年度 市民税・県民税 納税通知書及び課税明細書
  ・・・課税明細書【1】の「総所得」の欄


「特別控除」について
下記要件にあてはまる場合は,世帯の総所得から特別控除が可能です。
以下の控除額を差し引いた金額を,基準額と比較することになります。
要件総所得金額からの控除額
母子・父子世帯27万円
障害者との同居世帯特別障害者40万円、普通障害者27万円(障害者1人あたり)
長期病気療養者のいる世帯所得証明書に記載された「医療費控除」額

4) 上記のいずれにも該当しないが,失業などの経済的な理由によって就学が困難となる事情がある

一定の範囲で事情を考慮しますが,認定できない場合もあります。申請に際しては,事前にお子様の担任とご相談ください。
(例)
 ○失業して平成28年の所得が激減した
 ○お勤め先の業績悪化で給与が削減され平成28年の所得が激減した等
 

※就学援助認定基準のうち世帯の総所得金額の基準額を,平成26年4月1日改定しました。
なお当該基準額は,予算に定められている事業の補助金交付の条件を定めるものであるため,神戸市行政手続条例(平成8年3月13日条例第48号)第37条第6項第3号を準用し,結果の公示のみを実施しております。

2.就学援助の内容

表の援助費(年間予定額)を支給します。年度途中から認定された方の援助費は、月単位で計算するため、年間予定額よりも少なくなります。

 
援 助 費 目対 象 者支 給 時 期合 計
(年間予定額)
生活保護世帯支給項目
7月末または9月末11月末2月末
学用品費・通学用品費小学1年4,210円4,120円3,090円11,420円×
小学2〜6年5,040円4,920円3,690円13,650円
中学1年8,180円8,080円6,060円22,320円
中学2・3年8,940円8,920円6,690円24,550円
校外活動費小学生2,050円2,050円
中学生3,240円3,240円
新入学児童生徒学用品費小学1年20,470円20,470円×
中学1年23,550円23,550円
体操服費・水泳着費小学1年5,350円5,350円
中学1年5,970円5,970円
泊を伴う校外活動費小学生(参加者)実施後(12月以降) 限度 3,570円×
中学生(参加者)限度 6,010円
修学旅行費小学生(参加者)実施後(12月以降) 限度 21,190円
中学生(参加者)限度 53,500円
通学費学校長が認める者3月頃 実費額相当×
自転車通学費
(中学校のみ)
学校長が認める者3月頃限度 4,110円×
体育実技用具費
(中学校のみ)
中学1年の用具購入者3月頃実費(限度あり)×
給食費小学生学校へ支給×
中学生
(ミルク飲用者・給食申込者)
学校へ支給
医療費対象の病気の児童生徒医療券の発行
 
新入学児童生徒学用品費4月に認定されている小学1年・中学1年のみ支給します。
泊を伴う校外活動費行事に参加した児童生徒のみ支給します。(小・中学校在籍中に各1回ずつ
行事の例・・・小学6年の冬季野外活動や中学2年の野外活動
修 学 旅 行 費行事に参加した児童生徒のみ支給します。(小・中学校在籍中に各1回ずつ
通 学 費学校長が認める交通機関を利用し通学している児童生徒を対象に,合理的及び経済的経路による実費額を支給します。別途,届出が必要です。学校へお問い合わせください。
自転車通学費学校長が自転車通学を認めた生徒に対し,自転車通学にかかる経費の一部を支給します。
別途,届出が必要です。学校へお問い合わせください。
体育実技用具費柔道または剣道の授業を受けている生徒で,用具の購入が必要な場合のみ対象となります。
(限度額・・・柔道7,510円,剣道51,940円)
医 療 費
(学校病医療券の発行に
よる援助)
むし歯,慢性副鼻腔炎,アデノイド,中耳炎(滲出性中耳炎は除く),結膜炎(アレルギー性結膜炎は除く),トラコーマ,膿痂疹(とびひ),白癬,疥癬,寄生虫病のみ対象となります。
対象の病気の場合は,医療券をお渡ししますので,学校にお申し出ください。
医療機関を受診するときには学校病医療券を窓口で提出し,健康保険証もご持参ください。学校病医療券によって自己負担分を援助します。

3.就学援助の申請期間と方法

就学援助の申請は,お子様が在籍している小・中学校へお申し込みください。申請期間は以下のとおりです。
 
○定期申請期間(基本的に4月1日からの認定になります。)
 平成28年5月2日まで
 詳しくは学校より配布される「平成28年度 就学援助の申請について」をご覧ください。
 
○5月3日以降でも平成29年2月10日まで,随時申請することができます。(基本的に申請書を提出された月からの認定になります。)