神戸市-KOBE-


神戸市産婦健康診査助成のご案内

神戸市では、平成30年10月1日より、産婦健康診査の費用助成を開始しました。
産後はホルモンバランスの変化や、赤ちゃん中心の生活となることで、からだもこころも疲れがたまりやすい時期です。自分自身の健康チェックのために、ぜひ産婦健康診査を受けましょう。

1.産婦健康診査(産婦健診)とは

産後1か月頃に医療機関や助産所で行われる健診です。産後のからだとこころの状態を確認します。
産婦健診では、問診・診察、体重・血圧測定、尿検査、こころの健康チェックを行います。
 ※医療機関等により実施時期や回数が異なる場合があります。
 ※神戸市と契約をしている医療機関でのみ受診券はご利用いただけます。
 ※兵庫県外で受診された場合妊婦健診とは異なり、事後に費用をお返しすること   (償還払い)はできません。

2.助成事業の概要

<対象・受診時期>
神戸市に住民票がある、産後1か月頃(産後8週未満)の産婦の方です。その他、医師等が必要と判断する場合は産後2週間頃も受けることができます。
※受診券の有効期間は産後8週未満です。産後8週を過ぎた場合は使用できません。
※平成30年10月1日以降に受診する産婦健診が対象となります。

<回数>
産後1か月頃に1回受診してください。医師等が必要と判断した場合は産後2週間頃にも受診することが可能です。(上限2回まで)

<助成額>
 産婦健診1回あたり5,000円を上限に助成します。
※産婦健診の費用は医療機関により異なります。
※5,000円を超えた費用は自己負担となります。
※5,000円を下回った場合、おつりはでません。

<対象項目>
問診・診察、体重・血圧測定、尿検査(蛋白・糖)、こころの健康チェック

3.受診券の受け取り方法

妊娠の届出時に母子健康手帳と一緒にお渡しします。
受診券は交付後の健診で使用できます。

※平成31年4月1日以降に母子健康手帳と一緒に交付する産婦健診受診券は、
妊婦健康診査受診券等と一緒の綴りに入っています。

 
 

4.神戸市へ転入される方へ

市外から神戸市に転入された方は、区役所・支所のこども保健係の窓口まで、母子健康手帳と前住所地で受け取った受診券をご持参ください。
※前住所地では産婦健診の助成を行っていない場合があります。その際は受診券の持参は不要です。
※交付前に受診した産婦健診では使用することができません。
※市民課で転入手続き後、必ずこども保健係にお立ち寄りください。

5.神戸市から転出された方へ

神戸市外へ転出されると神戸市の受診券は使用できませんので、転出先の自治体で手続きが必要です。産婦健康診査助成制度は自治体により制度が異なりますので、詳細は転出先の自治体にお問い合わせください(産婦健康診査の助成事業を行っていない自治体もあります)。

6.利用方法について

(1)出産予定の医療機関に神戸市産婦健康診査受診券が利用可能か確認を行ってください。
(2)受診日の前日もしくは当日までに、受診券の表面の本人記入欄と裏面のこころの健康チェックアンケートをご記入ください。
 また、受診券表面のバーコードシール貼付欄に、バーコードシールを貼ってください。
※こころの健康チェックアンケートは、できるだけ周りに人がいない状況で、一人で記 載してください。
(3)産婦健診受診日当日に、医療機関へ受診券を渡してください。

7.受診券が利用可能な医療機関

受診券は、神戸市と契約を行った指定医療機関・助産所でのみ使用できます。

※妊婦健診とは異なり、兵庫県外の医療機関で受診した際、事後に費用をお返しすること(償還払い)はできません。(産婦健診では、兵庫県外の医療機関を受診した場合の償還払いの制度はありません。)

※この一覧に掲載されている場合でも、受診前に神戸市の産婦健診受診券が使用可能かどうか、必ず医療機関へ確認してください。(毎年4月1日で契約医療機関が変わる可能性があります。)

8.医療機関の皆様へ

神戸市の産婦健康診査助成事業について、新たに産婦健診実施のご契約をいただける場合は、下記「産婦健康診査助成事業 医療機関連絡票」を下記までFAXしてください。
概要は下記神戸市産婦健康診査助成事業案内をご覧ください。

FAXでの連絡票を受け取った後、契約に関係する書類をお送りいたします。

(注意点)
※産婦健診の実施について、神戸市との契約がない場合、神戸市の産婦健診受診券は使用できません。
※償還払いは行っておりません。

<医療期間との契約に関する連絡先>
 神戸市こども家庭局家庭支援課 産婦健診担当 
 電話:(078)322-6513   FAX:(078)322-6119

9.問い合わせ先

神戸市総合コールセンター 電話:(078)333-3330

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。