神戸市-KOBE-


神戸市産後ホームヘルプサービスのご案内

最終更新日
2016年4月1日

産後ホームヘルプサービスとは

◯体調不良などで家事や育児が困難なご家庭にヘルパーを派遣し、産後間もない時期の子育てを支援する制度です。昼間、周囲の方のサポートを得ることができず、お母さん、またはお父さん等(養育者)と赤ちゃんだけになってしまうご家庭が対象です。

対象となる方

◯次のすべての要件を満たす方
1.神戸市内にお住まいの方
2.出産後1年以内
3.体調不良などのため、家事や育児が困難で、昼間手伝いをしてくれる人がいない養育者

※ご家庭内にインフルエンザや感染性胃腸炎などの感染症にかかっている方(疑いを含む)がいる時は、ヘルパーは派遣できません。

サービスの内容

◯神戸市と契約した事業者からご家庭にヘルパーを派遣し、次のような昼間日常的に養育者がされることをお手伝いします。
詳しくは、お住まいの区役所こども保健係にご相談下さい。

家事のお手伝い

育児のお手伝い

サービスの利用期間

◯出産後1年以内かつ、サービスの開始から3か月以内(多胎児の場合は、サービスの開始から出産後1年以内)。

サービスの利用回数等

◯ヘルパーの派遣は1回につき連続2時間以内で、1日1回です。
ただし、外出を伴うサービスを利用される場合は、1日連続2回(4時間)まで可能です。

◯利用期間中、最大10回サービスを利用できます。
多胎児の場合は、利用期間中赤ちゃん一人あたり最大10回利用できます。(例:双子の場合は、最大20回サービスを利用できます。)

サービスの利用時間

◯月曜〜土曜(祝日を除く)の9時から18時まで。
ただし、年末年始(12月29日〜1月3日まで)は除きます。

サービスを利用したいときは

◯ご出産後に、お住まいの区役所保健福祉部こども保健係、北須磨支所こども保健係、北神こども保健係に申請してください。

必要書類

※申請に際して、生活状況等をお聞きするほか、ご家庭を訪問させて頂く場合があります。

※ヘルパーの派遣が決まりましたら、こども保健係から「決定通知書」を送ります。

サービスの自己負担

◯1回あたり(連続2時間以内)1,600円
※市県民税が非課税の世帯や、生活保護を受給中の世帯の方は、自己負担はありません。(申請に必要な書類として市県民税非課税証明書(世帯全員分)または生活保護適用証明書が追加で必要です。)
※平成28年4月から、婚姻歴のないひとり親家庭で、世帯の合計所得金額が125万円以下の方は、寡婦控除が適用されたとみなし、非課税の扱いとなる可能性がありますので、ご相談ください。制度の概要については、下記のホームページをご覧ください。

◯1か月当たりの利用回数に応じて、1か月分まとめてお支払いいただきます。翌月に請求書を送りますので、納付書でお振込みください。

その他

お問い合わせ先

お住まいの区の区役所(支所)こども保健係まで