神戸市-KOBE-


教育・地域連携センター

最終更新日
2016年5月31日
  • [5月31日]学校支援ボランティア研修会 受講生募集!!(ボランティア研修・各種講座の実施)のページへ
  • [5月18日]第1回学生スクールサポーター研修会のご案内(学生スクールサポーターのページへ)

教育・地域連携センター「教育・地域連携センター」は、学校や子どもたちに対する支援活動のしくみづくりや人材の確保等の検討を進め、ボランティアのシステム化を図ります。
連絡先
TEL:078−641−5013
    078−641−5039(学生スクールサポーター専用)
FAX:078−641−5015
Eメール:otonaryoku@office.city.kobe.lg.jp
(平日)8:45〜17:30


「大人力」(教育・地域連携センターだより)

「大人力」

主な業務

学校支援員の募集と紹介

子どもたちの健やかな成長を願って,退職教職員及び地域,大学,各種団体等から支援員を募集し,必要とする学校等へ紹介します。
 ・ 各学校の教育支援ニーズ集約
 ・ 学校からの支援員紹介に関する相談業務
 ・ 支援員に関する相談業務
 ・ 支援員の発掘と紹介
 ・ 支援員の養成と研修
 ・ 他の支援団体とのネットワークの構築

学生スクールサポーター制度の推進

学生スクールサポーターの活動 教員志望の大学生・大学院生(協定大学の2回生以上)が、市立の小中学校に出向いて、児童生徒の学習や活動の補助・支援を行います。(学習、遊び、学級活動、行事、登校指導、各種指導支援、部活動指導補助等)

 学生スクールサポーター(SS)通信では、SSの活動の様子などを紹介しています。「学生スクールサポーター(SS)」のページでご覧になれます。

ボランティア研修・各種講座の実施

「神戸っ子応援団」の応援団ボランティアや、学生スクールサポーターなど、学校支援のボランティアに携わっている方々を対象としての研修会を企画、実施します。

ゲストティーチャー制度の推進

学校における教科、道徳、特別活動や総合的な学習の時間などで行う講義や体験活動などにおいて、それぞれの分野における専門的な立場から支援及び助言を行うために、神戸市立学校ゲストティーチャー制度を設置し、学校教育の活性化を図り、あわせて教育内容を充実させることを目指します。

研修室について(貸室業務)

研修室対象:神戸市立学校園および神戸市教育委員会関係者のほか、センター業務の関係者
収容人数:最大100名
広さ:161.54平方メートル
設備: ・ スクリーン  ・ プロジェクター  ・ ホワイトボード  ・ マイク

お問い合わせ

教育・地域連携センター
TEL:078−641−5013
    078−641−5039(学生スクールサポーター専用)
FAX:078−641−5015
Eメール:otonaryoku@office.city.kobe.lg.jp
(平日)8:45〜17:30

所在地

センター周辺地図<住所>
〒653-0042
神戸市長田区二葉町7丁目1番18号
(ふたば学舎 内2F)

<アクセス>
地下鉄海岸線「駒ヶ林駅」1番出口より徒歩6分 
地下鉄・JR「新長田駅」より徒歩12分

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。