神戸市-KOBE-


児童手当

最終更新日
2019年4月19日

児童手当からのお知らせ

連休時の児童手当の手続について

新規申請および額改定請求については、原則的に受理日の属する月の翌月分から支給開始または増額となります。ただし月末に出生した場合や他市町村から転入した場合等は、出生日や前住所地の転出予定日等(事由発生日)の翌日から数えて 【15日以内】 に受理できれば、出生日や転出予定日の属する月の翌月分から支給可能です。手続きが遅れると手当をもらえない月が発生しますので、ご注意ください。

15日目が土曜日、日曜日、祝日等で窓口が開いていない場合は、その次の平日が請求の期限となります。

ゴールデンウィークや年末等、土曜日、日曜日、祝日が連続する場合、その次の平日に窓口が混雑するおそれがあります。余裕を持ってお手続いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※平成31年度のゴールデンウィーク後は、例年以上の混雑が予想されますので、特にご注意ください。

現況届未提出の方は速やかにご提出ください!

平成30年6月に受給者のみなさまにお送りいたしました現況届が未提出の方は、至急提出してください。児童手当を受けている方は、児童手当法第26条により、引き続き手当を受ける要件(児童の監督や保護、生計関係、所得状況等)の確認のため、年1回現況届(6月1日の状況)を提出していただく必要があります。
現況届の提出がない場合は、6月分(10月支給分)からの手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

児童手当の届出はされていますか?

児童手当を受給するには必ず申請が必要です。支給要件に該当する方で、児童手当を受給していない方は、お住まいの(住民登録のある)区のこども家庭支援課・北須磨支所保健福祉課・西神中央出張所でご相談ください。
出生、市内転入など、新たに受給される場合も必ず申請が必要です。(二人目以降の児童が出生した時も、その都度申請が必要です。)
その他、児童と別居した場合など、養育状況が変化した時も届出が必要です。