神戸市-KOBE-


地域子ども・子育て支援事業

新制度は、共働き家庭だけではなく、すべての子育て家庭を支援する仕組みです。さまざまな家庭の状況やニーズに応じて、神戸市では以下のような多様な保育サービスを実施しています。新制度で一層充実していきますので、ぜひご利用ください。

一時保育(保育所、認定こども園、小規模保育など)

就労形態の多様化や保護者の急なケガや病気、育児に対する負担軽減等を図るため、保育所、認定こども園、小規模保育などでお子さんを一時的にお預かりしています。

預かり保育(幼稚園)

保護者への子育て支援の一つとして、幼稚園の利用時間前後や夏休みなどの長期休業中にお子さんをお預かりしています。

病児保育事業

お子さんが病気等で集団生活が困難な場合に、保育所等にかわってお子さんを一時的にお預かりしています。

学童保育

働いているなどの理由で保護者が昼間家庭にいない小学生が、指導員の見守りのもと、宿題をしたり、友達と遊んだり、おやつを食べたりして過ごしています。

保育サービスコーディネーター

市内のすべての区役所(北須磨支所、北神保健福祉課を含む)に保育サービスコーディネーターを配置しています。子どもの保育を希望される保護者の皆さまからの相談に応じながら、個々の状況にあった保育サービスの情報の提供を行う取り組みを進めています。

ファミリー・サポート・センター事業

幼稚園、保育所のお迎えやリフレッシュなど、子育てに応援が必要な人と、子育てを応援したい人をつなぐ仕組みです。

地域子育て支援拠点事業

地域子育て支援センター

地域の親子が集まってふれあう「子育てひろば」や「育児講座」を実施しています。

大学と連携した地域子育て支援拠点

神戸市では、大学と連携して子育て中の親子が集える「地域子育て支援拠点」づくりを進めています。

児童館における親子館事業

児童館における親子館事業(児童館における午前中の子育て支援)を行っています。

   


子ども・子育て支援新制度について新制度で利用できる施設について申込み・利用の流れについてパンフレットや申請書類地域子ども・子育て支援事業Q&A 新制度に関するよくある質問新着情報