神戸市-KOBE-


支給認定

支給認定区分

新制度では、幼稚園や保育所、認定こども園、地域型保育を利用する際に、支給認定を受ける必要があります。
支給認定には、子どもの年齢や保育の必要性に応じて、1号認定から3号認定まで3つの区分があります。
認定区分によって利用できる施設や時間が変わります。

支給認定区分(1号認定、2号認定、3号認定)

※なお、新制度に移行しない幼稚園については、これまでと利用手続き等は変わりません。支給認定は不要です。

「2号・3 号認定」を受けるには?

2号・3号認定には、保育を必要とする事由のいずれかに該当することが必要です。

□ 就労(月64 時間以上)
□ 妊娠、出産
□ 保護者の疾病、障がい
□ 親族の介護・看護
□ 災害復旧
□ 求職活動
□ 就学    ・・・など

また、利用できる時間は、保育を必要とする事由と保護者の状況により2種類に区分されます。例えば、基本的に月120時間以上の就労で「保育標準時間」、月64時間以上、月120時間未満の就労で「保育短時間」になります。

保育標準時間と保育短時間

うちはどうなるかな?早わかりチャート

新制度では、4つの教育・保育の場を認定に応じて利用することができます。
保護者の就労を例にした場合のフローチャートを掲載しておりますのでご活用ください。

 
支給認定申請、利用申込み方法についてご案内しています 平成27年度1号認定のご案内 平成27年度2,3号認定のご案内
   


子ども・子育て支援新制度について新制度で利用できる施設について申込み・利用の流れについてパンフレットや申請書類地域子ども・子育て支援事業Q&A 新制度に関するよくある質問新着情報