神戸市-KOBE-


園における薬の取り扱いについて

平成29年4月より、神戸市内の就学前施設(認定こども園・幼稚園・保育園(所)・小規模保育事業所・家庭的保育事業所等)では、施設での薬の預かり・与薬について以下のとおり取り扱いを統一する事になりました。

与薬は医療行為であり、神戸市内の就学前施設では、原則として与薬は行ないませんが、どうしても必要な薬についてのみ、与薬を行ないます。その際は、下記のルールに従っていただくことになります。

施設において与薬を希望される場合

主治医が記入した「与薬に関する主治医意見書」を、保護者記入の「与薬依頼票」にあわせて、提出していただくことになります。

施設での与薬が必要な場合、医療機関に「与薬に関する主治医意見書」を必ず持参していただき、主治医に記入してもらってください。裏面に、薬とともに薬局から提供される薬の医薬品情報(写)を添付してください。「与薬に関する主治医意見書」は下記より取り出していただくか、各施設に用意されています。

あわせて、「与薬依頼票」に保護者が記入の上、施設に提出してください。「与薬依頼票」は、各施設に用意されています。

与薬を依頼される際は、1回分の薬を記名の上必ず手渡して依頼するなど、各施設が取り決めているルールを守っていただきます。

「与薬に関する主治医意見書」が提出されない場合、与薬を行うことはできません。
施設での子どもたちの健康・安全のためにご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

※注意点
・神戸市内の就学前施設の中には、保育時間内の与薬を行なっていない園もあります。保育時間内に与薬が可能かどうかは、お子さんが通う施設にあらかじめご確認ください。
・アレルギーの頓用薬、エピペンの預かりについては、「園におけるアレルギー疾患生活管理指導表」で提出していただきますので、「与薬に関する主治医意見書」の提出は必要ありません。

なお、各施設(認定こども園・幼稚園・保育園(所)・小規模保育事業所・家庭的保育事業所等)におかれましては、下記の文例を参考に保護者の方へご周知いただきますようお願いいたします。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。