神戸市-KOBE-


子どもたちのすこやかな成長のために

最終更新日
2016年11月10日

近年、複雑多様化する社会情勢の中で、子どもへの虐待は全国的に年々増加の一途をたどり、大きな社会問題となっています。神戸市においても虐待に関する相談件数が増加している状況にあります。
いわゆる児童虐待は子どもの心と体に深い傷を残し、心身の発達や人格の形成に好ましくない影響を及ぼします。この児童虐待を未然に防ぐためには、《早期発見・早期対応》が重要であり、神戸市では、こども家庭センターを中心に親や子どものケアを行なうなど、児童虐待の防止・対応に取り組んでいます。また、行政だけでなく、事業者や市民が一体となって取り組むことも必要だと考えています。

boy-girl picture

さまざまな問題が背景に

児童虐待は、親や養育者などが、子どもを言葉や暴力などで傷つけたり、食事の世話などをせずに放置したりすることです。その背景には親や子ども、家庭などが抱えるさまざまな問題が考えられ、またそれぞれが複雑に重なり合ったりすることもあります。
最近では、核家族化で身近に育児の相談をできる人が減ってきており、親が育児不安やストレスを感じることが多くなっていることなども原因となっています。

家庭で育児不安やストレスを感じたら

子育てには、不安やストレスがあるものです。少しでも感じたら、家庭で抱え込まないで気軽に神戸市こども家庭センターなど(下記連絡先一覧を参照)へ、ご相談ください。
 同センターや児童家庭支援センターでは、専門家がいろいろな悩みや相談に応じるほか、子どもへのカウンセリングや地域での子育て講座、児童福祉関係者への研修などを行なっています。

早期発見にご協力を

児童虐待を防止し、児童の権利を擁護するため、平成12年11月に児童虐待の防止等に関する法律が施行されました。法律では、学校や児童福祉施設の職員、医師など、虐待を発見しやすい立場の人は早期発見に努めなければならないことが定められ、また、市民の方も虐待を発見した場合は、神戸市こども家庭センターなど(下記連絡先一覧を参照)へ連絡することが定められています。虐待を未然に防ぐためには、早期発見と早期対応が重要です。
みんなで児童虐待の防止に取り組み、子どもたちが明るくすこやかに育つまちにしていきましょう。

虐待と感じたら通報を

もし周りで次のような子どもをみかけたら、下記連絡先まで、ご連絡ください。連絡していただいた人の名前などの秘密は守ります。

虐待のサイン

連絡先一覧

子育て・虐待の相談を受け付けています

子育て・虐待の相談連絡先一覧表
連絡先電話番号受付時間等
神戸市こども家庭センター
(こべっこランド内)
078-382-2525月曜〜金曜、8時45分〜17時30分
児童虐待夜間休日相談ダイヤル
(神戸市こども家庭センター)
078-382-1900平日、17時30分〜翌日8時45分
土曜・日曜・休日 24時間対応
こども家庭支援室:東灘区078-856-8080月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:灘区078-843-7035月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:中央区078-232-0415月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:兵庫区078-512-2525月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:北区078-595-4150月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:長田区078-521-0415月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:須磨区078-731-8080月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:北須磨支所078-793-8080月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:垂水区078-705-1150月曜〜金曜、9時〜17時
こども家庭支援室:西区078-929-4150月曜〜金曜、9時〜17時
神戸真生塾子ども家庭支援センター078-341-6493面接(予約制)
児童家庭支援センターしらゆり078-594-7785面接(予約制)

またはお近くの民生・児童委員へ