神戸市-KOBE-


神戸市教育大綱について

最終更新日
2016年1月26日

神戸市教育大綱

 市長が総合教育会議において教育委員会と協議を行い,教育の目標や根本的な方針を定めた「神戸市教育大綱」を,平成28年1月26日に策定しました。
 今後,市長部局と教育委員会が連携して,大綱に基づき神戸の教育に取り組みます。

神戸市教育大綱策定にあたっての市長の想い

 教育大綱は,具体的な,神戸市の今後の教育行政について明確な方向性があり,そして具体化するような施策が明示されているようなものでありたいという思いで策定しました。
 アンケートの意見でも義務教育に関する意見が多く,今回の教育大綱についてはとりわけ市民の関心が高い小中学校を中心とした学校教育について焦点を絞って定めています。
 この教育大綱を策定することにより,教育委員会と市長部局が今まで以上に連携を強め,子供たちの健全な育成を目指すとともに,教育の分野においても「選ばれるまち」となるように取り組んでいきます。

関連ページ

神戸市のこれからの教育についてのアンケート

 大綱策定にあたり,平成27年5月26日(火曜)から7月31日(金曜)まで,神戸市の教育について皆様からたくさんのご意見をいただきました。ご協力ありがとうございました。

神戸市総合教育会議について

 平成27年度神戸市総合教育会議では,大綱の策定について協議を行いました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。