神戸市-KOBE-


神戸市立高等学校の教育改革


    神戸市立高等学校は、「神戸市立高等学校の将来を考える」(神戸市教育懇話会)をグランドデザインとして、
    これまで着実に高等学校教育改革を進めてきました。
 
     1.パイロット・スクールとしての普通科総合選択制高等学校の創造
        平成10年(1998年) 六甲アイランド高等学校 開校(普通科総合選択制、平成17年に単位制へ改編)
                   神戸商業高等学校・赤塚山高等学校を再編統合
 
    2.神戸らしい国際高等学校の創造
        平成13年(2001年) 葺合高等学校 国際科 設置
 
    3.都市型専門教育を実現する高等学校の創造


      (1)工業高等学校の改革
        平成16年(2004年) 科学技術高等学校
                   御影工業高等学校・神戸工業高等学校を再編統合

                      神戸工科高等学校 開校
                   御影工業高等学校・長田工業高等学校を再編統合
 
      (2)総合学科高等学校の創造
        平成21年(2009年) 須磨翔風高等学校(総合学科)開校
                   須磨高等学校・神戸西高等学校を再編統合
 
      (3) 商業高等学校の改革
        平成28年(2016年) 新商業高等学校 開校 予定
                   神港高等学校・兵庫商業高等学校を再編統合
 
    4.多様な教育機会を提供するインテリジェント・スクールの創造
        平成22年(2010年) 摩耶兵庫高等学校 昼間部 設置
                  




一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。