神戸市-KOBE-


保全課

  • [2月15日]「コンクリートブロック塀に関する緊急点検」と「施設保全パトロール」に関する内容を追加で掲載しています。

保全課では、市有建築物の適正な維持保全に関する業務を行っています。
このページでは、建物の点検など施設保全関連の情報や、保全課の取り組みについてご紹介してまいります。

保全イメージ

日常点検について

安全点検マニュアル表紙★安全点検マニュアル★
 建物や設備は、完成した直後から劣化が始まっています。日ごろから適切に点検や手入れを行わなければ、部材の落下などにより人身事故につながる危険もあります。 
 施設の日常点検を支援するため、点検の際のチェックポイントや注意点をまとめた「安全点検マニュアル」を作成しましたので、参考にしてください。
 

定期点検について

市有建築物の定期点検についての情報や、点検業務に使用する様式などは、以下のページをご覧ください。

コンクリートブロック塀に関する緊急点検

大阪府北部を震源とする地震の被害(事故)を受け、神戸市内の市有建築物に付設するコンクリートブロック塀の対応をまとめております。

施設保全パトロール

点検画像・築10年を超える庁舎など一般施設(約1300施設)を対象に、事故予防を目的とした点検を行っています。
・対象施設を3年で一巡するよう、一年に約450施設でパトロールを実施します。その中でも老朽化が著しい施設については毎年パトロールを実施します。
・パトロールで把握した施設の保全状況は、施設管理者などへの助言や、修繕の実施に活用しています。

問い合わせ先

神戸市 住宅都市局 建築技術部 保全課
〒650-8570 神戸市中央区加納町6-5-1 神戸市役所3号館2階
電話:078-322-5648 Fax:078-322-6117

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。