神戸市-KOBE-


建築物安全安心推進週間

最終更新日
2014年10月29日

 神戸市では、日々、建築工事現場や既存の雑居ビルの立入調査をして、建物が適法に建てられているかどうかをチェックしていますが、毎年、6月と10月に「建築物安全安心推進週間」を設け、その週間内に関係部局や関係団体と合同で「一斉立入調査」を実施しています。

平成26年度(秋)建築物安全安心推進週間

期間

平成26年10月15日(水曜)〜21日(火曜)

調査結果

新築工事現場(主に住宅)

ビルの防災点検(不特定多数の方々が利用する建築物等)

 

(1)階段、竪穴区画の不良
防火シャッター下・階段区画内・防火戸閉鎖の支障物品、常閉防火戸の開放使用、常閉防火戸閉鎖不良
 9件
(2)排煙設備の不良
自然排煙口・操作盤前に支障物品、手動開放装置操作不良、自然排煙口開放不良、排煙設備不足
 8件
(3)非常用照明の不良
点灯不良、未設置
10件
(4)その他、防火避難規定の不適合
無確認増築、延焼のおそれのある部分に防火設備未設置、避難経路に支障物品、防火戸にくさび
15件

調査結果の対応について

新築工事現場に係る「建築基準法による確認済表示板」の不掲示、「その他の違反」については、現場で指導し報告を求めています。

ビルの防災点検に係る指摘事項については、現場で口頭により説明を行いました。指摘事項の詳細については調査結果通知書を交付し、改善計画書を提出させ、是正指導を行います。

平成26年度(春)建築物安全安心推進週間

期間

平成26年6月23日(月曜)〜27日(金曜)

調査結果

新築工事現場(主に住宅)

ビルの防災点検(不特定多数の方々が利用する建築物等)

指摘の内容別件数(ビル1件あたり複数指摘箇所有り)
(1)階段の竪穴区画の不良
  防火戸閉鎖不良、防火シャッター下に支障物品
  3件
(2)排煙設備の不良
開閉不良、防煙区画の不備、操作盤前及び排煙口前に支障物品、防煙垂壁未設置、開放性の不備
 10件
(3)非常用照明の不良
未設置、点灯不良
  9件
(4)その他、建築関連規定の不適合
  防火設備付近・避難経路に支障物品、建物構造の不適合、異種用途区画不備
 10件

調査結果の対応について

新築工事現場に係る「建築基準法による確認済表示板」の不掲示、「その他の違反」については、現場で指導し報告を求めています。

ビルの防災点検に係る指摘事項については、現場で口頭により説明を行いました。指摘事項の詳細については改善指示書を交付し、改善計画書を提出させ、是正指導を行います。