神戸市-KOBE-


大規模駐車施設等の駐車場出入口の位置に関する制限について

最終更新日
2019年8月20日

 子供が利用する施設(保育所等)の出入口の付近に、大規模な駐車場の出入り口が設置されれば、子供が事故に巻き込まれる可能性が高まることから、建築敷地に設けられる大規模な駐車場(建築物の一部でない場合を含む。)の出入口の位置について、子供が利用する施設の出入口から一定の距離を設けることで、子供の安全をこれまで以上に守ることを目的に、神戸市建築物の安全性の確保等に関する条例(以下、「建築安全条例」という。)の一部が改正され、平成27年1月1日に施行されました。
 一般公共の用に供しない駐車場で、駐車の用に供する部分の面積が500m2以上の駐車場(建築物でない駐車場を含む)を設置する場合には、駐車場の出入口の位置に関する制限がかかり、届出が必要となります。詳しくは下記の概要をご覧ください。

届出に必要な図書

届出に際し添付する図書
(1) 附近見取図 
(2) 配置図 
(3) 平面図
(4) その他市長が特に必要があると認める図書


※添付図書(付近見取図、配置図等)には、設置基準に適合しているかを確認出来る様、下記を明示の上、駐車場の出入口との距離も明記下さい。
・駐車場の出入口
・前面道路幅員
・敷地周囲にある交差点、曲がり角、横断歩道、踏切
・保育所等(幼稚園、小学校、義務教育学校、特別支援学校、保育所、幼保連携型認定こども園、児童厚生施設(児童館又は児童遊園)、児童発達支援センター、児童心理治療施設、街区公園)

根拠法令等

届出窓口

建築住宅局 建築指導部 建築安全課(三宮国際ビル5階 7番窓口)
電話078-595-6556

  
  

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。