神戸市-KOBE-


神戸市すまいの環境性能表示

最終更新日
2019年2月12日
  • [6月1日]CASBEE神戸ver.3評価ソフトを緑化基準の一部改正に伴い更新しました。

「すまいの環境性能表示」はCASBEE神戸を活用して、事業者が住宅の環境性能を販売広告等へ表示し、市民の皆さんに情報提供する制度です。延べ面積2,000m2以上の一部の集合住宅等では、環境配慮条例に基づき、広告や工事現場への表示が義務付けられており、それ以外の住宅では、市要綱に基づき、任意で表示することができます。

趣旨・目的

Ko-bee

地球環境問題等が深刻化する中で、環境に配慮した建築物の一層の普及促進を図っていく必要があります。すまいの環境性能表示は、住宅の広告にその環境性能を表示し、市民の方にわかりやすい形で情報提供することにより、次のようなことを目指しています。

  1. 市民の方に環境への配慮に関する情報を提供し、住宅選択の判断材料として定着させる。
  2. 住宅供給事業者の自主的な環境配慮の取組みを誘導する。
  3. 制度の定着により、環境に配慮した住宅が高く評価される住宅市場の形成を図る。

表示でわかること

環境への取組みの度合いの評価がわかります。

集合住宅 戸建住宅
神戸市すまいの環境性能表示の例(左:集合住宅、右:戸建住宅)

(1) 総合評価(あじさいマークが多いほど高い評価。標準は3つ)

住みよい暮らしを支える質の高い住宅であっても、例えば冷暖房の消費エネルギーが増え、それが地球温暖化につながるのであれば望ましくありません。「総合評価」は「住みやすさ」と「環境への配慮」、両面のバランスの良さをCASBEEという評価方法を用いて総合的に評価したものです。

(2) 特に重要な環境性能の評価(葉っぱマークが多いほど高い評価。標準は3枚)

総合評価と共に、特に市民の皆さんに注目していただきたい環境性能の評価は次の5つです。

  1. 地球温暖化への配慮
    建物は、使用するときだけでなく建てるときも解体するときも多くの二酸化炭素(CO2)を発生します。
    地球温暖化の原因と考えられているCO2の削減量が大きいほど評価が高くなります。
  2. 建物の断熱で省エネ
    外壁等の構造体の断熱性、季節に応じた日射利用など建物の工夫による省エネルギー性能の評価です。
    この評価が高ければ冷暖房など設備機器の消費エネルギーが抑えられます。
  3. 住む人の安全・安心
    住む人の健康面への配慮(暑さ寒さの緩和、良好な空気環境、住戸内の静かさ、バリアフリーの配慮)や防犯への備え等、日常生活への気遣いや万一の地震発生への対応まで、住む人の安全・安心への配慮がされているほど評価が高くなります。
  4. 緑と街並みへの配慮
    敷地や屋上の緑化の程度(緑化率)に、建物の街並みへの調和の取組み(場所に応じた壁面の位置、高さ、地域の景観計画等に基づいた取組み等)の程度を加味した評価です。工夫、配慮がなされているほど高い評価になります。
  5. 太陽光発電の利用(太陽マーク)
    低炭素社会の実現には再生可能エネルギー利用の推進が不可欠です。中でも太陽光発電は、クリーンな発電装置として技術開発や国、自治体による設置支援策が進んでいます。太陽光発電システムが設置されている場合は、太陽マークが表示されます。

建物の断熱で省エネ    住む人の安全・安心   緑と街並みへの配慮

表示を利用した住宅の公表

公表掲載場所を移転しました。
詳しくはこちらをご覧ください。

表示を見るにあたっての注意点

(1) すべての住宅で表示されているとは限りません。
1棟あたりの延べ面積が2,000m2以上の一部の集合住宅等では表示義務がありますが、それ以外では表示は任意です。
(2) 表示は自己評価に基づきます。
神戸市すまいの環境性能表示は、その内容を市が評価し認証したものではありません。
市が設けた基準を用いて事業者(建築主)が自主的な環境配慮への取組みの自己評価を表示するものです。
(3) 評価の時期、評価ソフトのバージョンに注意しましょう。
計画段階の評価表示の評価は、計画時点での評価です。表示内容の評価に変更が生じた後、再度広告を行う場合は、変更に応じた評価の表示がされます。最初に表示をご覧になった以降にその内容に変更がないか、事業者に確認してください。
評価に用いるソフトのバージョン表示の元になるCASBEEの評価を行うための計算ソフトは、建築技術の進歩、環境指標の変更等に伴い改訂されていきます。表示の左下に評価を行ったソフトのバージョンが記されています。
評価の有効期限評価内容の有効期限は約3年とされており、長期間に渡る性能を保証するものではありません。
(4) 色々な条件のもとの評価であることもあります。
(5) 表示内容の説明を求めてください。
事業者が表示を利用する場合は、購入(賃借)しようとする方に、表示された環境性能の内容を説明するよう努めることになっています。(4)にあるような想定評価の有無も含め、事業者に説明を求めるようにしてください。
(6) 注文住宅を建てる場合も表示が利用できます。
注文住宅を建てるときなど、広告を行わない場合も神戸市すまいの環境性能表示を利用できます。
例えば、建てられる方が自身の住宅計画がどの程度環境に配慮しているかを知りたいときに、工務店、設計者に表示の利用を依頼します。この場合も表示に関する市への報告をお願いしていますが、市ホームページへの掲載(匿名)は建てられる方の任意です。詳しくは市窓口にお聞きください。

表示を利用した住宅への優遇策

「神戸市すまいの環境性能表示」の趣旨に賛同いただける民間企業等との連携により、一定の評価が表示された住宅(集合住宅、戸建住宅)を取得した方を対象とした優遇策による支援を行っています。賛同企業とそれぞれの優遇内容は下記のとおりで、表示された住宅がそれぞれの条件を満たした場合に購入者等に対して適用されます。詳細は各社窓口にお問い合わせください。

◇エネルギー供給会社による支援策 
企業名優遇の内容問い合わせ窓口・電話
大阪ガス株式会社あじさいの数が4つ以上の場合『エネルックPLUS(注1)』利用者にCASBEE神戸特別特典(月額利用料金を初年度最大2割引)が適用されます。
※エネルックPLUS』採用の新築集合住宅に限ります。
リビング開発部エネルックPLUS事務局
Tel:06-6205-4644
株式会社クラッシー・
ファミリーコンシェルジェ関西(注2)
あじさいの数が3つ以上の場合、家事代行サービスを初めてご利用される方で、2時間以上又は月額1万円以上ご利用の方については、初回のみ、ご利用料金を3,300円割引きします。事業推進部
担当:山城
Tel:0797-25-7502

(注1)パソコン・携帯電話での家庭内のエネルギー使用量の見える化・省エネアドバイス提供などにより居住者の省エネ行動を促進するサービスです。
(注2)掃除・洗濯・料理・買物といった日常家事のサポートのほか、お子様やご高齢の方のお世話など、家事代行・生活総合支援サービスを提供する、関西電力株式会社のグループ会社です。

◇金融機関による支援策
企業名優遇の内容問い合わせ窓口・電話
三井住友信託銀行株式会社あじさいの数によって店頭金利から全期間金利引下げ一定型タイプで年1.45%〜年1.7%引下げいたします。詳細は問い合わせ窓口にご確認ください。神戸支店
Tel:078-231-2329
株式会社三井住友銀行融資を希望する戸建住宅又は分譲マンションの環境性能が、あじさいの数4つ以上の場合、店頭表示金利から完済時までずっと1.7%の引き下げを行います。詳細は問い合わせ窓口にご確認ください三宮ローンプラザ
Tel:078-332-2797
株式会社みなと銀行あじさいの数が4つ以上の場合、住宅ローンの店頭表示金利から年1.5%の引き下げを完済まで全期間行います。詳細は問い合わせ窓口にご確認ください。三宮住宅ローンプラザ
Tel:078-332-6650
◇電機メーカーによる支援策
企業名優遇の内容問い合わせ窓口・電話
三菱電機株式会社あじさいの数が4つ以上の場合、
(1)新築集合住宅への太陽光発電システム(三菱電機製の産業用)の設置に対し、太陽光モジュールの保証期間を通常1年から10年へ特別延長保証します。
(2)エコキュート(三菱電機製)の設置に対し、記念品を進呈します。
開発営業本部
Tel:06-6338-4451

届出・表示方法

届出の提出時期等

(2)、(3)を届出される際は、事前にご相談ください。

  CASBEE神戸の届出時期届出の手続、必要な図書等
特定集合住宅
(条例による義務)
(1) 延べ面積2,000m2以上の集合住宅等確認申請の21日前までCASBEE神戸のページ(届出の提出時期等)を参照
特定表示住宅
(要綱による任意)
(2) 延べ面積2,000m2未満の集合住宅等評価マニュアル(P.42〜43)を参照
(3) 戸建住宅確認申請の10日前まで戸建評価マニュアル(P.3〜6)を参照

※ 特定集合住宅:1棟あたりの延べ面積が2,000m2以上の集合住宅等(その全部又は一部を共同住宅、寄宿舎、下宿の用途に供する建築物)について、該当する部分の販売又は賃貸を目的とするもの。

表示の方法

各種届出様式、評価ソフト、マニュアル等のダウンロード

CASBEEver.3神戸評価ソフトは、CASBEE-建築(新築)(2016年版v.2.1)に対応しています。
平成25年基準による省エネ計算を行っている場合は、CASBEE神戸ver.2を使用する必要があります。
※評価ソフトの保存形式を変更しないでください。正しくグラフが表示されないことがあります。

◇集合住宅

◇戸建住宅

根拠法令等

関連リンク

届出窓口

建築住宅局 建築指導部 建築安全課(三宮国際ビル5階 7番窓口)
電話078-595-6556

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。