神戸市-KOBE-


CASBEE神戸〜神戸市建築物総合環境評価制度〜

最終更新日
2016年5月25日

大規模(延べ面積が2,000m²以上)の建築物を計画する場合は、「神戸市建築物等における環境配慮の推進に関する条例(平成24年神戸市条例第45号)(以下、環境配慮条例)」に基づく神戸市建築物総合環境評価制度(CASBEE神戸)の届出が必要です。また、一部の集合住宅等は、CASBEE神戸を活用した「すまいの環境性能表示」の表示も必要です。

エネルギーの評価において参照している省エネルギー基準の告示改正に対応するため、CASBEE-新築(簡易版)2010年版からCASBEE-建築(新築)2014年版に更新されたのに伴い、CASBEE神戸ver.1からver.2に更新しました

CASBEE神戸 TOPニュース

CASBEE神戸(神戸市建築物総合環境評価制度)

CASBEE(キャスビー)とは、産・官・学共同プロジェクトにより開発された『建築環境総合性能評価システム(Comprehensive Assessment System for Built Environment Efficiency)』の略語で、建築物を環境性能で評価し、格付けする手法です。

持続可能(=サスティナブル)な社会を実現するためには、大量のエネルギー、資源を消費、廃棄する建築の分野が果たす役割は極めて大きく、環境負荷の少ない建物計画の促進を図っていくことが、市民の健全で快適な環境を確保することにつながります。 

本制度に基づき、市内で大規模な建築物を建てる際に、その建築主がCASBEE神戸の指針を踏まえた環境に対する配慮を自己評価し採点します。採点結果、計画概要が市に届出され、市はそれをホームページ等で公表します。

CASBEE神戸を運用することで、建築主の方の環境に対する自主的な取組みを促し、快適で環境に配慮した建築物の誘導を図ります。

すまいの環境性能表示

神戸市すまいの環境性能表示(集合住宅)「すまいの環境性能表示」はCASBEE神戸を活用して、事業者が住宅の環境性能を販売広告等へ表示し、市民の皆さんに情報提供する制度です。延べ面積2,000m²以上の一部の集合住宅等では、環境配慮条例に基づき、広告や工事現場への表示が義務付けられており、それ以外の住宅では、市要綱に基づき、任意で表示することができます。

表示の内容や作成方法について、詳しくは以下のページをご覧ください。

届出の対象

CASBEE神戸の届出

全ての建物用途で下記の規模以上のもの(特定建築物)が届出対象です。

新築の場合1棟あたりの延べ面積が2,000m²以上
増築・改築の場合1棟あたりの増築・改築部分の床面積が2,000m²以上
大規模の修繕・大規模の模様替の場合大規模の修繕・大規模の模様替にあたる部分の面積が2,000m²以上

すまいの環境性能表示の表示・届出

特定建築物のうち、集合住宅等(その全部又は一部を共同住宅、寄宿舎、下宿の用途に供する建築物)について、該当する部分の販売又は賃貸を目的とするもの(特定集合住宅)。

届出の手続き

届出の手続きフロー

建築物総合環境計画書

提出時期

特定集合住宅建築確認申請を行う日の21日前まで
特定集合住宅以外工事に着手する日の21日前まで

届出に必要な図書

正・副計2部提出してください。

改正省エネ基準の経過措置が終わる平成27年3月までに届出される場合はver.1、ver.2どちらも使用できます。平成27年4月以降はCASBEE神戸ver.2をご使用ください。

※評価ソフトの保存形式を変更しないでください。ver.1ではExcel 2003形式(.xls形式)、ver.2ではExcel 2007/2010/2013形式(.xlsx形式)以外で保存した場合、正しくグラフが表示されないことがあります。

平成25年4月の改正省エネルギー基準(BPI/BEI)を使用して評価した、かつver.1で評価したい場合は「CASBEE神戸ver.1評価ソフト 追補版BEI/BPI対応」を利用してください。併せて「CASBEE神戸ver.1評価マニュアル 改正省エネ基準対応追補資料」もご確認ください。

旧省エネ基準(PAL/CEC)を使用して評価する場合はver.1を利用してください。

1. 届出書建築物総合環境計画書(第1面、第2面)
2. 委任状建築主以外が届出手続をされる場合は、委任状が必要です。
※様式は問いません。委任者・代理者の氏名、住所、電話番号、委任日を記載してください。
3. 計画書計画書の作成にあたり環境等に関する各項目について、マニュアルに示された評価方法により、評価ソフトで評価を行ってください。また下記のシートを印刷したものを提出してください。
4. 添付図書
CASBEE神戸の重要項目

神戸市では、評価項目のうち「バリアフリー計画」、「耐震性」、「まちなみ・景観への配慮」について、特に重要視する項目として別途表示します。また、これらについて、建築主・設計者が工夫した点があれば、任意でその内容を説明しHPで公表することができます。(下記「評価結果・建物概要の公表」で公表中のものを、参考としてご覧ください。)

◇ 任意提出できる内容説明図書のイメージ

すまいの環境性能表示(変更)届

提出時期最初の広告表示をした日から15日以内
届出に必要な図書

変更届

提出時期変更工事に着手する日の15日前まで
届出に必要な図書

完了届

提出時期CASBEEの評価に係る工事完了から15日以内
届出に必要な図書

評価結果の公表

届け出された計画書のうち、「評価結果表示シート」、「スコアシート」、「解説シート」及び「CASBEE神戸の重要項目に係る取組み内容説明図書」については神戸市住宅都市局建築安全課の窓口及び神戸市住宅都市局のホームページ上で公表しています。

各種届出様式、評価ソフト、マニュアル等

※建築主以外が届出手続をされる場合は、委任状が必要です。
(様式は問いません。委任者・代理者の氏名、住所、電話番号、委任日を記載してください)

すまいの環境性能表示の届出に係る届出様式等は以下のページをご覧ください。

根拠法令等

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。